引越しの知識

引越しで洗濯機は普通に運んではダメなの?準備が必要?

投稿日:

引越しで洗濯機を運ぶ際には、事前に準備が必要です。もし、引越しで洗濯機を運ぶ準備をせずに当日になってそのまま洗濯機を運んでしまうと大変なことになります。

旧居が水浸しになって、引越しの作業を少し中断して拭いたり、引越しした後で、一度旧居に戻ってきて片付ける必要が生じたり、トラックの中で、水が洩れれば、他の家具や家電に悪影響を与える可能性もあります。

このページでは、引越しの準備として、ドラム式洗濯機や縦型式洗濯機など、よくある洗濯機の水抜き準備の方法を紹介するので、参考にしてください。

水抜きとか面倒くさそうだな。

ちゃんとこの記事を参考にすればすぐに終わりますよ。

引越し業者の比較は面倒。とにかく簡単に安く引越したいという人は一括業者を使うのがオススメです。
一読下さい。

引越は一括見積で大幅にお得に!大手5社を比較しました。

どうして準備が必要なの?

どうして準備が必要なの?

ここでは、少し詳しくどうして引越し前の忙しい時に、わざわざ準備をしないといけないのかを解説します。

引越し前に洗濯機の水抜きなどの準備が必要なのは、洗濯機内に水が残っており、その水が運搬中に水漏れし、新居や旧居、家具や家電を汚したり、故障させたりしてしまう可能性があるからです。

注意ポイント

一般的に、洗濯機は洗濯する度に、排水を行います。しかし、排水を行っても、給水ホースや排水ホース、洗濯本体にも多少の水が残っているものです。その水が水漏れします。

引越業者の方が、洗濯機の中に水が残っているのに気が付けば、水抜きもやってもらうことができることも多いですが、追加料金がかかるところがほとんどです。

引越しシーズンには出費が重なり少しでも引越しを安く済ませたいというかたは多いでしょう。もし、出費を増やしたくないなら、事前に洗濯機の水抜きは済ませておかないといけません。

逆に言えば、お金はあって時間がない人は見積もり時に水抜きも一緒にお願いできるか聞いて見ると良いでしょうね。

事前に水抜きを依頼したいって言っておくのが大切だな。

引越し業者の比較は面倒。とにかく簡単に安く引越したいという人は一括業者を使うのがオススメです。
一読下さい。

引越は一括見積で大幅にお得に!大手5社を比較しました。

新居に洗濯機を運搬する前に確認すべき点

新居に洗濯機を運搬する前に確認すべき点

新居に洗濯機を運搬する前にまず確認すべき点があります。それは洗濯機の設置スペースと洗濯機の給水栓の形状です。それぞれ解説します。

洗濯機の設置スペース

住居の種類に関係なく、通常、住居には洗濯機を設置する場所が設けられています。標準的な洗濯機なら問題なく置けるようにつくられていますが、物件によってはドラム式洗濯機のような大型の洗濯機は置けないこともあるようです。また、置けても給水栓や排水口が対応していないこともあります。

ポイント

特に、新居が古い住居の場合には多いので、引越しをする前に、新居の洗濯機の設置場所の広さや排水口や給水栓をチェックしてみましょう。そして、今使っている洗濯機や、今後使いたいと思っている洗濯機を問題なく使用できるかを確認してください。

洗濯機の給水栓の形状の確認

洗濯機の給水栓の形状はいくつかの種類にわかれます。旧居の給水栓が今の洗濯機に問題なく使用できていたとしても、新居の給水栓の形状が旧居のものと異なれば、今の洗濯機をそのまま使用することはできないかもしれません。その場合、新しく新居の給水栓の形状に合わせて口金や、ホースのバンドを購入する必要があります。

ドラム式洗濯機と縦型式洗濯機の違いだけでも面倒くさいのに、給水栓の形も変わるのか、面倒くさいな。

確認してみればすぐですし、口金もバンドも安いですから。

引越し業者の比較は面倒。とにかく簡単に安く引越したいという人は一括業者を使うのがオススメです。
一読下さい。

引越は一括見積で大幅にお得に!大手5社を比較しました。

水抜きどれくらいかかる?いつやれば良い?

水抜きどれくらいかかる?いつやれば良い?

給水ホースや排水ホースから水抜きをすると聞くと大変そうだと感じるかもしれません。しかし、実際のところ水抜き作業そのものは、やり方さえ知っていれば、10分~20分もあれば十分に完了します。引越し業者が来る当日、到着時間のちょっと前に始めれば、間に合うでしょう。

ポイント

ただし、引越し当日はバタバタしますし、到着時間は若干の前後があるものです。加えて、洗濯機と同じく水抜きが必要な冷蔵庫の水抜きには1日程度の時間が必要になります。そのため、できれば、前日には終わらせておくと良いでしょう。

当然、一度水抜きをすると洗濯できないので、あまり前もってやり過ぎるのも考えものですね。

たしかにな。前日には時間がない人は前もってやっておいて、引越しまではコインランドリーとか使うのもありだな。

引越し業者の比較は面倒。とにかく簡単に安く引越したいという人は一括業者を使うのがオススメです。
一読下さい。

引越は一括見積で大幅にお得に!大手5社を比較しました。

水抜きに必要なもの

水抜きに必要なもの

ここでは、洗濯機の水抜きに必要なものを紹介します。使っている洗濯機によっては、不要なものが含まれている場合や、必要なものが含まれていない可能性があるので、それぞれ水抜きをする前に確認してみてください。

水抜きに必要な道具

  • 洗濯機の取扱説明書
  • ドライバー
  • ビニール袋(3~4袋ほど)
  • 洗面器などの水受け
  • 養生テープ
  • タオル、雑巾

それぞれ解説します。

洗濯機の取扱説明書

それぞれ洗濯機によって水抜きの方法が少し異なるので、使っている洗濯機の取扱説明書があればスムーズに水抜きできるでしょう。ただし、洗濯機の取扱説明書は捨ててしまう人も多いかもしれません。その場合でも、この記事で紹介している方法を参考にすれば、問題なく水抜きできるはずです。

ドライバー

アースケーブルを外すときや給水ホースと給水栓の口金を外す時に使用します。ただし、最近の洗濯機の給水栓だと、ドライバーがなくても取り外しが可能なものも多いです。既に家にドライバーがあるなら問題ありませんが、ない場合はドライバーを買う前にお使いの洗濯機の水抜きにドライバーが必要か確認してください。また、ドライバーが家にある場合には、小物類を荷造りする時に、ドライバーを一緒に段ボールなどに入れてしまわないように気を付けましょう。

ビニール袋

給水ホースや排水ホースを外した後に、水が漏れるのを防ぐのに使ってください。

洗面器

給水ホースや排水ホースから流れでる水を受ける用に使います。できるだけ大きいサイズのものが良いでしょう。バケツやプラスチック製の衣装ケースでも代用可能です。

養生テープ

水が漏れるのを防ぐために使うビニール袋を洗濯機に張り付けるのに使ってください。

タオルや雑巾

水抜きの際に、床や本体が汚れたり、水で濡れた時用です。

引越し業者の比較は面倒。とにかく簡単に安く引越したいという人は一括業者を使うのがオススメです。
一読下さい。

引越は一括見積で大幅にお得に!大手5社を比較しました。

洗濯機の水抜き方法

洗濯機の水抜き方法

ここでは、一般的な洗濯機の水抜き方法を解説するので参考にしてください。

まずは、簡単に流れを初めに紹介します。

  • 洗濯槽内の確認&給水栓を締める
  • 洗濯機をまわして給水ホースから水抜き
  • 各パーツの水抜き
  • 各パーツを取る
  • 排水ホースと給水ホースを取る
  • 運搬の準備

洗濯槽内の確認&給水栓を締める

まずは、洗濯槽内に靴下などが残ってしまっていないかを確認してください。確認ができたら。給水ホースが繋がっている水道の蛇口をしっかり閉めてください。

洗濯機をまわして給水ホースから水抜き

次に、いつも洗濯するように洗濯機のフタを閉めて、電撃を入れてスタートボタンを押してください。給水栓を閉めているので、新しく水が洗濯機の方に流れることはありませんが、給水ホースの中に入っていた水は洗濯槽の中に移るので、給水ホースの中に残っていた水がなくなります。

各パーツの水抜き

そうしたら、ゴミ取りフィルター、糸くずフィルター、排水フィルターなどの各パーツの水抜きです。先ほど同様に、フタを閉めて、電源を入れて、1番短い時間の脱水を選択してください。

先ほど脱水した、ゴミ取りフィルターや糸くずフィルター、排水フィルターを徐々に緩めてください。そうすると水が出てきます。その水を用意しておいた洗面器で受けましょう。

各パーツを取る

水が全部でたら、つまみをさらに緩めて、ゴミ取りフィルターや糸くずフィルター、排水フィルターを引き出してください。ゴミ取りフィルターなどの各パーツは水で濡れているので、注意しながら引き出し、用意しておいたタオルで拭ってあげましょう。そして、十分に水気が取れたら元に戻しましょう。

排水ホースと給水ホースを取る

次に排水ホースを抜きましょう。ホースを外すと、水が出てくるので洗面器で受けてください。タオルも使って、よりこぼれにくくすると良いでしょう。排水ホースはビニール袋をかぶせて、水が漏れないようにして、ホース掛けにかけてください。そして、給水ホースも外してください。給水ホースは排水ホース同様に洗濯機から外してビニール袋に入れた後は、洗濯槽内に入れておけば良いです。

運搬の準備

そして、最後に洗濯機の運搬の準備です。運搬に備えて、給水ホースを繋ぐ金具やアースケーブルを外しましょう。ビニール袋にでも入れておけば部品を紛失することはありません。そのままだと、少し濡れているかもしれないので、最後に洗濯機の全体を拭いて完了です。

これで一通りの洗濯機の水抜き準備は完了ですが、もし水抜き中にホースの劣化などに気が付いたら、引越しを気に変えてみると良いかもしれません。

後述しますが、旧居に備え付けのパーツと洗濯機のパーツを混同しないようにしてください。

排水管と排水ホースをつなぐエルボは、洗濯機のパーツじゃないからパーツと一緒にビニール袋に入れないように注意だな。

引越し業者の比較は面倒。とにかく簡単に安く引越したいという人は一括業者を使うのがオススメです。
一読下さい。

引越は一括見積で大幅にお得に!大手5社を比較しました。

洗濯機の運搬時の注意点

洗濯機の運搬時の注意点

ここまでで、洗濯機の運搬する前に行うべき水抜きの方法を理解していただけたと思いますが、いざ洗濯機の運搬をするという時に、注意していただきたいことがあるので紹介します。

ドラム式洗濯機の場合

便利なドラム式洗濯機ですが、縦型式洗濯機に比べて揺れや傾きに弱いという短所があります。そのため、運搬前に、上で紹介した準備に加えて本体後部や側面になる輸送用の固定ネジを締め、ドラムが動かないようにしないといけません。

注意ポイント

そうしないと、運搬中にドラム状の洗濯槽が前後左右に揺れて、ガツンガツンとぶつかって故障する可能性もあります。もし故障すると、利用者の責任となって保証も効きません。

固定ネジは、洗濯機の購入時についてきたはずなので、どこかに保管しているはずです。探してみてください。もし紛失していた場合、メーカーに発注する必要があります。だいたい1週間くらいかかるので、もしドラム式洗濯機を使っている方が、このページを読んだらすぐに確認してみてください。

固定ネジなしで運搬すると故障する可能性が高いので、固定ネジがない場合、引越しは延期するべきです。しかし、もし間に合わない場合は、洗濯槽が動かないように毛布など柔らかいものを挟んでおくという方法を試してみるとよいでしょう。ただし、毛布の繊維などが洗濯機内に入って不具合の原因になる可能性があるので注意してください。

(2018年現在、AmazonにPrime会員なら1‐2日程度で購入と受取可能なドラム式洗濯機の固定ネジ(ボルト)がいくつか出品されています。Amazonで自分の洗濯機に対応している固定ネジが販売されていないか確認してみてください。)

縦型式洗濯機の場合

昔ながらの縦型式洗濯機は揺れに強いです。そのため、水抜きさえしっかりしておけば、運搬する時に注意しないといけないことはほとんどありません。通常の大型家具や大型家電同様に、他の荷物にぶつかったり、倒れたりしないように注意してください。

備え付けの部品を持って行かない

もう一点、ドラム式洗濯機と縦型式洗濯機の共通の注意点が、旧居のマンションなどに備え付けの部品を誤ってその他の洗濯機の部品と一緒に新居に持っていかないようにしましょう。

特に、排水ホースと排水管をつなぐエルボと呼ばれるL字型のプラスチックなどでできた、クリーム色やグレー色の接続部は洗濯機の部品と一緒に新居に持って行ってしまう人が多いです。エルボは物件の所有者の大家さんのものなので、持っていってしまうと、原状回復費用が請求されるので注意してください。

固定ネジなんか無くしたよ。

Amazon以外にも、楽天やヨドバシドットコムでも売っているので、探してみてください。

引越し業者の比較は面倒。とにかく簡単に安く引越したいという人は一括業者を使うのがオススメです。
一読下さい。

引越は一括見積で大幅にお得に!大手5社を比較しました。

洗濯機の搬出後はしっかり掃除

洗濯機の搬出後はしっかり掃除

洗濯機は動かすのが大変なので、引越しまで動かしておらず、周辺が汚れていることが多いです。そのため、引越し当日に洗濯機が搬出されたら、洗濯機の周辺をしっかり掃除しましょう。

最近の家では洗濯パンという、プラスチックの洗濯機の受け台が設定されていることが多いです。まずは塵取りで洗濯パンの中を掃いて、水分によってできた水垢やカビを取り除きましょう。長いこと放置された汚れなのでなかなか落ちないかもしれないが、その場合には油脂やタンパク質汚れの分解が得意なセスキ炭酸ソーダなどの洗浄剤を使用すると良いでしょう。

契約条件によりますが、しっかり洗濯機の周辺も掃除することで、退出時に余計なクリーニング代を払わずにすみます。

立つ鳥跡を濁さずとも言うしな。

洗濯機を搬出した後にどれくらい掃除する時間があるかわからないから、まず大家さんに相談すると良いでしょう。

引越し業者の比較は面倒。とにかく簡単に安く引越したいという人は一括業者を使うのがオススメです。
一読下さい。

引越は一括見積で大幅にお得に!大手5社を比較しました。

まとめ

まとめ

この記事では引越しの準備として洗濯機の水抜き方法や、注意すべき点を解説してきました。特に、ドラム式洗濯機の固定ネジ(ボルト)があるかという点と、旧居と新居の給水栓の形状が同じかどうかは非常に重要です。固定ネジや、新しい口金やバンドを用意する必要がある場合に時間がかかってしまいかねません。ぜひこの後にでもまずは固定ネジがあるか確認してみてください。

引越し業者の比較は面倒。とにかく簡単に安く引越したいという人は一括比較業者を使うのがオススメです。
ご一読下さい。

引越は一括見積で大幅にお得に!大手5社を比較しました。

-引越しの知識

Copyright© カモにされない引越し選び , 2019 All Rights Reserved.