引越しの知識

高齢者の引越し。注意点があるので必ず見て下さい!

更新日:

高齢者の引越しを考えている人で、すべて業者に任せようと考えている人は危険です。

老人だからこそ任せっきりがいいんじゃないの?

本来そうなんだが、気をつけるべきケースもあるんだ。

私は大丈夫!一度もそんなトラブルに合ったことないからと思っている人はいませんか?

引越し業者の中には、ぼったくり見積もりを出す人や業者をよそおって詐欺を行う人が実際にいるんですよ。高齢者であればあるほど、狙われやすく消費者センターに数えきれない報告もあるほどですから・・・

そんな危険と隣り合わせの引越しを安全に済ませたい。そう思ったあなたは、安全な引越しができる第一歩を踏みました。今回は、高齢者の引越しで実際に起こるトラブルや物品に誤破棄や盗難が多いとされている高齢者引越しの闇を紹介していきます。

その上で、高齢者でも安全に引越しを成功させる方法も詳しくご紹介!引越しで不安を抱えている高齢者やその身内に必要不可欠な情報なので、かならず最後まで確認して下さい。

そう言われるとなんかこわいな

優良な業者しなければ考えなくて良いような事だが、身内に高齢者の引越しが控えているなら知っておかなければならない

引越し業者の比較は面倒。とにかく簡単に安く引越したいという人は一括業者を使うのがオススメです。
一読下さい。

引越は一括見積で大幅にお得に!大手5社を比較しました。

ぼったくり見積もりに注意!高齢者以外の身内に立ち会ってもらおう

引越しを依頼する時に見積もり金額を多く請求されるケースがあります。他にも、見積もりを提示して作業がすべて終わってから再度請求がある場合もあるのです。

高齢者の場合あまり確認せずにすべてを任せてしまう可能性が高いことで消費者センターにも数多くの報告が寄せられています。こういった被害には人間のモラルを疑いますが、そこには引越し業界の裏事情も含まれているんですよね。

きちんと運んでくれりゃあ何も問題ないのに、何故トラブルが起きるんだ?

そこには引越しビジネス特有の問題が絡んでいるからだ

では、なぜここまで見積もり被害が拡大してしまったのでしょうか?

引越しを行うためには、傷を付けずに大量の荷物を素早く運ぶことが重要です。そのため、高いスキルを持った従業員がいなければ営業を行えなかった時代があります。

でも、2018年では、引越し業者の規制緩和が行われました。この規制が緩和されたことで、大手だけでなく中小企業も引越し業を行えるようになってしまったわけです。

以前に比べて業者の人数も少ない、スキルがないといった問題があっても引越し業者として営業できる仕組みとなっています。

また、引越し業者に成りすました詐欺も行いやすくなったのも事実です。特に高齢者は、すべてを業者に任せてしまう傾向にあるようで、格好の的になってしまいます。

そのため、引越し業者の言われるままに動くことで、見積もりでの被害が頻繁に起こってしまうのです。

このように、ぼったくり見積もりには細心の注意を払わなければいけません。正直、高齢者でなくても見積もりを見ても高いか安いかの判断は難しいでしょう。

でも、ネットで検索できる知識があれば大体の相場は知れますよね。つまり、高齢者にネットの知識がなくても、身内に知識があれば問題ないのです。

そのため、高齢者一人で引越しをお願いするのではなく、身内に立ち合ってもらうなどの工夫が必要といえます。また、身よりがない場合はできるだけ大手を選び、「こんなに安いんですよ!」などと謳っている業者には手を出さないことが大切です。

なるほど、危ない業者が紛れ込んでいるってわけか

残念ながらそういう事になる

引越し業者の比較は面倒。とにかく簡単に安く引越したいという人は一括業者を使うのがオススメです。
一読下さい。

引越は一括見積で大幅にお得に!大手5社を比較しました。

引越し屋任せにせずに、きちんと立ち会おう

引越しを行う時に、身内が立ち会えば安心要素はかなり上がります。でも、立ち会うといってもどこに注意してみればいいの?
そんな不安がよぎりませんか。

主に、立ち会う際に見るポイントは以下の5つです。

  • 引越し時のルール
  • 引越し時の保険内容
  • 使う資材
  • 実績・口コミ
  • 金額設定

以上の5点に注意して立ち合いを行うのが理想です。
では、1つずつ見ていきましょう。

引越し時のルール

基本的に多くの引越し業者は、国土交通省が決めた運送約款を採用しています。でも、一部の業者では独自のルールを定めているのです。そのため、ここは必ず確認する必要があります。

確認方法はすごく簡単で、業者に「運送約款は国土交通省の決めたものですか?」と尋ねましょう。違うのであれば、違いを聞けば解決できます。

引越し時の保険内容

引越しでの保険は損害保険など引越し中に、家具が壊れた等のトラブルが起きた場合にお金を受け取れるサービスです。

実は、この保険内容は業者によって違います。補償額や対象の物、起こる場面など事細かに書かれているのです。

保険内容は、安心にも繋がりますので必ず確認しましょう。

使う資材

引越しを行う際に、物品を梱包する資材も業者によってさまざまです。

ダンボールのみ、専用の梱包資材、などがあります。安全性を重視するなら専用の梱包資材を選ぶ必要がありますし、安価で抑えたいならダンボールを選ぶことになるでしょう。

他にも資材はたくさんありますので、引越し時の重視するポイントと比べて決める方法が一番です。

こちらが入念であれば業者も手をかけざるを得ない

実績・口コミ

この実績や口コミはかなり重要要素となります。

いくら依頼数が多くてもクレームが多いと頼むのは危険です。また、金額は安くても実績がなければ安心して頼むことは難しいですよね。

そんな時に役立つのがホームページです。実績の確認はホームページで簡単に探せます。また、実績の多い業者は口コミ数も多いのです。

口コミの中でもリピート率に注目すると効果的。リピートしたいと思われる業者=安心や信頼に繋がるからです。

担当者は違っても会社の指示が行き届いているのは理解できますよね。そのため実績や口コミを見て、業者選定をすると引越し選びが楽になるでしょう。

金額設定

さて、最後の金額設定ですが重要なのは「設定」。

引越し業者が来てまず、金額は?と言ってしまう人は危険ですよ。なぜなら、金額は荷物の量や作業の内容によって全く違うからです。

それよりも重要なのは金額を決める基準になります。引越し先の距離に対する料金や荷物〇㎏での料金、引越し作業の目安時間を聞きましょう。それさえ聞けば、あとは自分で計算することができます。

もし、自分の計算と業者の見積もり金額が違えば指摘することだって可能です。そのため、金額を知るよりも金額の設定について詳しく聞くことが大切となってきます。

今回、引越し業者に立ち会う際のポイントを5つ挙げました。この5つに限らず細かなポイントを自分で探すとよりトラブルも起こりにくくなるでしょう。

でも、全く引越しへの知識がない人は最低限この5つは覚えてチェックしておくとスムーズな取引が行えます。業者が来る前にノートに書き写して忘れないようすれば完璧です。

当たり前に聞こえるけど、確かにそんなに考えたことなかったな

引越し業者の比較は面倒。とにかく簡単に安く引越したいという人は一括業者を使うのがオススメです。
一読下さい。

引越は一括見積で大幅にお得に!大手5社を比較しました。

高齢者にありがちな引越し屋とのトラブル

高齢者におきやすいトラブルは、大きく分けて3つあります。

  1. 家具や備品を壊される・盗まれる
  2. 不当なお金を多く請求される
  3. 業者とお客の間で喧嘩が起きる

以上の3つが主なトラブルとなっています。

このようなトラブルは高齢者に限ったことではありませんが、深刻な問題となっているのです。

特に高齢者は、長年住んでいた物をすべて把握するのは難しい傾向にあります。また、記憶力も完璧ではありません。そのため、1つや2つ物がなくなっても気づかないケースや、後になって気付くケースが多いようです。

このようなトラブルを未然に防ぐためにも、しっかりと引越しトラブルについて知識を深める必要があります。

では、先ほど紹介した3つのトラブルを解決していきます。未然に防ぐ方法やトラブルに会った場合の対処を知れば安心して引越し業者にお願いできますよね。

ウソみたいにひどい話だが、本当にある話なんです

① 家具や備品を壊される・盗まれる

引越し業者の中には専用の容器に丁寧に保管・移動を行ってくれる業者があります。でも、スピードを求めるあまり雑に扱ってしまう業者もあるのです。

そのため、引越しが終わって壊れていることや傷がついているケースは少なくありません。高齢者だから気付かないだろうと判断するってこともあるようです。また、引越しが終わって壊れていることを業者に言っても「最初からです」と言われればどうしようもないと思いませんか?

さらに、悪質なのは盗品です。1個くらいなくなってもバレないだろうという考えから引越しで物がなくなる問題は、消費者センターに多く報告が上がるほど深刻化しています。

そんな、トラブルを未然に防ぐためには引越し前のチェックと記録が重要です。家具や備品の状態を写真で撮っておけば揺るぎない証拠になります。

でも、高齢者一人で多くの物を撮るのは大変なので身内の人と協力して行うのがおすすめです。また、割れやすい物は業者に頼らず自分で梱包すると安心ですね。

もっといえば、皿やコップなどの小物は数を数えて記録すれば完璧な予防となります。ここまでしておけば、引越し後に物がなくなっても業者側に非があったとわかるでしょう。

でも、注意点もあります。どんなに予防をしても引越しが完了して3ヵ月以上が経った場合は補償の対象外となってしまうのです。そのため、引越しが完了した時点で身内や知人と協力し点検することが必要といえるでしょう。

② 不当なお金を多く請求される

2つ目のトラブルが不当な金額を請求されることです。

特に、引越し前と後で2回請求されるケースが多い傾向にあります。理由はさまざまですが、不備がないのに何かと理由をつけて請求されることもあるのです。

確かに、見積もり時以上に持っていくものが増えた場合は追加料金を払う必要があります。でも、業者によっては追加料金の話をせず急に請求されることだってあるようです。

他にも、キャンセル時も同じように不当な金額を請求されるケースがあります。キャンセル料は2018年6月1日から運送約款によって事前に把握できるのを知っていますか?

具体的なキャンセル料は以下の通りです。

引越し当日 運賃および料金の50%以内
引越し前日 運賃および料金の30%以内
引越し2日前 運賃および料金の20%以内

上記を参考にすれば、引越し代金が30万円だったとして当日キャンセル料が15万円以上だったら疑いを持てるわけです。

この不当なお金を請求されないためにも、引越し業者とお金の話は密にとっておく必要があります。証明として代理人や身内を立てると良いでしょう。

また、見積書や規約の紙を隅々まで熟読し、不正が行われていないか確認することが大切です。もっといえば、見積もり後のお願いについて料金が発生するのかを詳しく聞けば未然に防ぐことができます。

それでも、トラブルに巻き込まれた場合は、すぐお金を渡すのではなく身内を読んで一緒に解決してもらうようにしましょう。

こちらが知識を持っていれば業者も襟を正さざるを得ない

③ 業者とお客の間で喧嘩が起きる

大なり小なり起こり得るのが口論です。

長年使ってきた家具などを手荒に扱われると怒るもの当然ですよね。でも、業者によっては物を乱暴に扱う人もいます。この気持ちの不一致で起こる口論はかなり多いようです。

特に格安で行う引越し業者に多く見られるようなので注意しましょう。トラブルを防ぐためには、安易に価格だけで業者を選ばないことです。

ホームページを見れば過去の実績やクレームを確認できます。また、既に引越しをお願いした場合でも、会社に電話をすれば担当者を変えてもらうこともできるのです。

お互いに最後まで気持ちよく取引が行えるように、トラブルへの対応方法も事前に把握しておくことが大切です。

このように、引越しでのトラブルは多いと思っておきましょう。そして、未然に防ぐ方法や対応策を事前に知っていることが大切です。

高齢者でよくわからないって人は、身内や知識のある人に立ち会ってもらい引越しを進めていくと良いでしょう。一つ覚えていて欲しいのは、引越しは価格のみで選ばない!これだけは頭に入れておいて下さい。

引越し業者の比較は面倒。とにかく簡単に安く引越したいという人は一括業者を使うのがオススメです。
一読下さい。

引越は一括見積で大幅にお得に!大手5社を比較しました。

しかし、自分で引越しをできないのも高齢者の定め。しっかり選ぼう

高齢者で身内にも頼めない・・・そんな時は「シニアプラン」を活用しましょう。

シニアプランを活用すれば、安全でスムーズに引越しを行うことができます。人には、それぞれ事情がありますので通常の引越しよりも割高にはなります。でも、トラブルを起こすよりはいいですよね。

気になるシニアプランですが、ざっくりとした特徴は以下の通りです。

  • 専任アドバイザーが付く
  • 自分で行う必要がない
  • 不用品の買取や市役所関係の手続きも行ってくれる

以上が主な特徴となります。

どうでしょう、これを聞いただけでも目からうろこではないでしょうか?

専門アドバイザーは自宅まで来てくれて、引越しの準備から手伝ってくれます。いらない物の処理方法の提案や、引越し先での家具のレイアウト。

さらには、住所変更などの面倒な手続きもすべてお願いできるのです。正直ここまで、サポートしてくれるなら引越ししてもいいかもって思いませんか。

高齢者なら体力も落ちていますし、難しいことはさっぱり・・・そんな人でも安心して引越しをお願いできるのがシニアプランなのです。

ただし、注意点もあります。

それは、時間は無制限ではないことです。専任アドバイザーはプランによって時間と訪問回数が決まっています。そのため、限られた時間の中で決めていく必要があるのです。

物凄くこだわりを持っている人は、自分で細かな配置や要望をある程度決めておかなければなりません。また、高齢者の引越しは荷物が多い傾向があります。

その分準備や作業にも時間を費やすことが予想されるでしょう。短期的なプランではなく、少し時間に余裕を持って引越しを依頼するようにすると安心です。

高齢者には、高齢者に合った引越し方法があります。1人で引越しに悩むくらいならシニアプランを検討してみましょう。特に、荷物が多くどうしたら良いかわからない人。引越しへの手続きに不安のある人。体力に自信のない人。

そんな悩みを持っている人は、大手引越し業者でのシニアプランを上手に活用すると安心です。

安くはないとしても安心を買うってことだな

そういうことになる。たかが引越し、されど引越し。
安心は品質であり、価値がある。

引越し業者の比較は面倒。とにかく簡単に安く引越したいという人は一括業者を使うのがオススメです。
一読下さい。

引越は一括見積で大幅にお得に!大手5社を比較しました。

まとめ

高齢者での引越し選びで重要なのは、トラブルを未然に防ぐことです。そのためには、身内と一緒に引越しを行うことが一番の解決策だといえます。

引越し業者は、魅力なプランをたくさん持っているので選ぶのも大変ですよね。でも、決して自分1人で早々に決めないことです。

できるだけ複数人で意見を出し合って身長に引越し業者を選ぶことがトラブル解決の第一歩と覚えておいきましょう。また、トラブルに合っても良いように対応策も事前に把握しておくのも重要でしたよね。

もし、どうしても身内にお願いできない場合は?

専任アドバイザーの力を借りることです。高齢者の引越しは、簡単ではありませんがサポート体制も日々進化しています。引越し先で楽しく生活するためにも、引越しを安全に行える準備を整えてみてはいかがでしょうか。

引越し業者の比較は面倒。とにかく簡単に安く引越したいという人は一括比較業者を使うのがオススメです。
ご一読下さい。

引越は一括見積で大幅にお得に!大手5社を比較しました。

-引越しの知識

Copyright© カモにされない引越し選び , 2019 All Rights Reserved.