引越しの知識

引っ越しでの冷蔵庫の注意点、電源はいつ切るか、水抜きも必須!

投稿日:

引っ越しのときに運ぶのが一番大変なものといえば冷蔵庫ですよね。とても1人で持てる代物でもないですし…。先生、引っ越しの時の冷蔵庫の扱いってどうすればいいんですか?

たしかに冷蔵庫についてはみんな苦労しがちだよね。よし、今回は引っ越しの時に冷蔵庫を運ぶ上での注意点やコツを見てみよう。

日ごろの生活の中で非常にお世話になっている冷蔵庫ですが、引っ越しの時に冷蔵庫の持ち運びに苦労したという方も多いでしょう。今回は、引っ越しの際に冷蔵庫を運ぶうえでの注意点やポイントを見ていきますので、実際の引っ越しの際にご活用ください。

引越し業者の比較は面倒。とにかく簡単に安く引越したいという人は一括業者を使うのがオススメです。
一読下さい。

引越は一括見積で大幅にお得に!大手5社を比較しました。

これを知っているだけでも違う、冷蔵庫の引っ越しの事前準備とは!?

これを知っているだけでも違う、冷蔵庫の引っ越しの事前準備とは!?

それで引っ越し先生、冷蔵庫の持ち運びではまずどのような点に気を付ければいいんですか?

まずは冷蔵庫を運ぶ事前準備から見ていこう。実はこれを知っているだけでも冷蔵庫の持ち運びが楽になったり、トラブルを防止したりすることができるんだ。

引っ越しの際に持ち運びに苦労するものの1つとして数えられるのが冷蔵庫ですが、きちんとした事前準備さえしておけば大丈夫です。ここでは冷蔵庫の持ち運びの事前準備について、水抜きの方法や食品の処理、コンセントを抜くタイミングを中心に見ていきます。

最初の事前準備として、冷蔵庫の中で保存してある食品を引っ越し当日までに空にしておくことが大切です。一見すると常に単純であるようにも見えますが、中を空にしておかないと引っ越し作業の際に食品が一緒に入っている分、ただでさえ重量のある冷蔵庫がなおさら重くなります。また、液体(飲み物や汁物など)を中に保存したまま持ち運ぶと、それらの液体が冷蔵庫の機械や配管に侵入して故障の原因にもなりかねません。

ポイント

このため、引っ越しの準備と並行して冷蔵庫の中にある食品はなるべく食べきるようにすることが大切です。もし、どうしても使いきれないものがある場合は引っ越しの際にクーラーボックスなどを用意して一時保管したり、生ごみとして処分したりするようにしましょう。

さて、引っ越し日の2,3日前になったところでコンセントを抜くことも重要です。コンセントを抜くタイミングについては引っ越し直前でも問題ないように見えますが、実は冷蔵庫は使っている間は常に庫内を冷やしている状態であるため、中や配管などに霜がびっしりとついています。この霜を放置したまま冷蔵庫を持ち運ぶと、傾いた際に霜や水分(霜が溶けたもの)が機械や配管に侵入して故障の原因になりかねません。

そこで「水抜き」といって、引っ越し日の2,3日前や、遅くとも前日には電源を抜いて庫内の温度を常温にしたうえで、溶けて水として蒸発皿に溜まった霜を捨てるという作業が必要です。なお、最近の冷蔵庫には自動で霜取りをする機能がついているものもありますが、その場合でも前日には電源を抜いてきちんと水抜きをするようにしましょう。

ポイント

最後に、当日に持ち運びをする際、ドアが開かないようにドア部分をマスキングテープなどで固定しましょう。あわせて、電源コードも持ち運んでいる間に垂れると転倒の原因になりますので、やはりしっかりとマスキングテープなどで固定します。

水抜きをやること1つをとっても、すごく重要なことなんですね。

みんな割とやらないけれど、冷蔵庫を引き続き安全に使いたいのなら覚えておくべきだね。

引越し業者の比較は面倒。とにかく簡単に安く引越したいという人は一括業者を使うのがオススメです。
一読下さい。

引越は一括見積で大幅にお得に!大手5社を比較しました。

冷蔵庫の持ち運びは決して無理をしないことがポイント!!

冷蔵庫の持ち運びは決して無理をしないことがポイント!!

冷蔵庫って持ち運ぶときすごく重いですよね。引っ越し業者の人は軽々と運んでいますけど。

実際に冷蔵庫の持ち運びは大変だよね。持ち運びのときは決して無理をしないことがコツなんだよ。

実際に冷蔵庫をご自分で運んだことがある方は特に身をもって経験されているでしょうが、冷蔵庫そのものは非常に重量があって持ち運びは非常に大変です。特に引っ越し費用をなるべく安く済ませたいという方はご自分で全部荷物を車や軽トラックなどに運びたいと考えるでしょう。ここでは、冷蔵庫を実際に持ち運ぶときに心がけるべき点や、なるべく楽に運ぶためのコツについてご紹介します。

助っ人

まず、前提として冷蔵庫は極力1人で持たないようにしましょう。冷蔵庫は特に下側に機会が内蔵されているため、プロの業者が持つならまだしも、素人が1人で持つにはあまりにもきついためです。加えて1人で持ち運びしていると転倒したり、ぎっくり腰など腰痛の原因になったりすることも多いです。

このため、先ほど冷蔵庫の持ち運びの準備として、早めに中身を減らしたり、水抜きをしたりすることを挙げましたが、手伝ってくれる方を探すことも同じくらい重要といって良いでしょう。最低でも手伝ってくれる方を1人は確保すべきで、できれば3人から4人で運ぶと良いでしょう。ただ、どうしても手伝いをしてくれる方が見つからない場合は、無理せずに業者の方に依頼すべきといえます。

通り道

さて、引っ越し当日は冷蔵庫を持ち運ぶ前に経路をきちんと確認することも大切です。ルートによっては途中で階段や狭い箇所があったりするためで、状況に応じて多めの人数で運んだり、周りの壁を養生したりするなど配慮が必要になります。一方で、もしエレベーターを使うことができるのであれば、負担を軽くするためにも積極的に使いましょう。

運び方

実際に冷蔵庫を持ち運ぶ方法ですが、コツは横や斜めにするのではなく、あくまでもできるだけ立てた状態で運ぶことです。これは冷蔵庫が中身を冷やすためにフロンガスを使っており、フロンガスを中で攪拌することでうまく冷えるようにできていることによります。このため、横向きやあまりにも斜めの状態になっていると、設置後に再び使う際に不具合や故障で動かなくなる原因もあるため、持ち運びの際の向きには注意が必要です。

最初に極力複数人で運ぶことが大切であることに触れましたが、複数人で運ぶ際にはなるべく腕力に自信のある方が底側を、自信のない方は上部を持つようにしましょう。先ほども書いたように冷蔵庫は底側に機械が内蔵されている分、底側を持つ方が負担を大きく感じるためです。なお、運ぶときには合図をかけあうのもコツの1つでしょう。どうしても1人で持つ場合は、無理をせずに台車などに載せて運ぶようにします。

ちなみに新居までの移動では軽トラックを使うのが最もおすすめです。普通免許でも運転できるうえ、運転席のすぐ背面に立てた状態で固定しておけば比較的安全に運ぶことができます。もし、免許がない場合は、免許を持っている知り合いの方や専門の業者の方の力を借りましょう。

なるほど、運ぶときは最低でも2人でやればいいわけか…。最悪、業者の力も借りる点もコツと…。

1人でやろうとすると傷がつくだけではなく、大けがの元だからね。

引越し業者の比較は面倒。とにかく簡単に安く引越したいという人は一括業者を使うのがオススメです。
一読下さい。

引越は一括見積で大幅にお得に!大手5社を比較しました。

新居でも冷蔵庫を安全に使うには設置の仕方に注意!

新居でも冷蔵庫を安全に使うには設置の仕方に注意!

持ち運びさえ安全であれば、新居に着いてもそのまま冷蔵庫を使えますよね。

いや、冷蔵庫を新居でも安全に使うには設置の場所や方法にも気を使う必要があるんだ。

無事に新居に到着して、冷蔵庫を設置するところまでくれば安心する方も非常に多いでしょう。しかし、冷蔵庫の設置場所や電源コードを差し込むタイミングも気を付けるべき点があります。ここでは引っ越し後も冷蔵庫を心配なく使ううえでポイントとなる、冷蔵庫の設置のやり方や設置場所のポイントについて見ていきましょう。

まずは、冷蔵庫を設置するのにある程度余裕あるくらいのスペースを確保しましょう。あまりにもぎりぎりすぎると何かあった場合に冷蔵庫を動かすうえで支障をきたすことがあるためです。より重要なこととして、放熱スペースを確保しておくという点にも注意が必要です。冷蔵庫は放熱ができるからこそ、きちんと庫内を冷やすことができる仕組みになっています。

注意ポイント

もし放熱スペースが十分に確保できていないと、庫内が効率よく冷えないだけではなく、余計に消費電力がかかって電気代が高くなりがちです。また賃貸住宅の場合は壁が熱によって変色し、退去の際に現状維持費用が余分に発生することもありますので、放熱スペースの確保は非常に重要といえます。

さて、十分な設置スペースを確保したら冷蔵庫を設置しますが、設置後はすぐではなく1時間以上置いてから電源を入れましょう。これは冷蔵庫に内蔵されている圧縮機(コンプレッサー)にオイルが入っていますが、持ち運びの際に多少揺られていたため、場合によってはすぐにコンセントを入れた時に不具合が生じる可能性があるためです。

ポイント

なお、冷蔵庫にコンセントを入れて動かすと、保存に適している程度に冷えるまで数時間ほどかかります。このため、新居に着いてから食品を保存するまでには比較的長めに時間を空けることもポイントです。

単に設置してコンセントを入れればいいなんてものじゃないんですね。

この点も意外と知らない人が多いから、新居に着いた時は改めて気を付けよう。

引越し業者の比較は面倒。とにかく簡単に安く引越したいという人は一括業者を使うのがオススメです。
一読下さい。

引越は一括見積で大幅にお得に!大手5社を比較しました。

古い冷蔵庫を処分するにはきちんとした方法で

古い冷蔵庫を処分するにはきちんとした方法で

もし冷蔵庫がいらないんだったら粗大ゴミに出せばいいんですよね。

それはダメだ!冷蔵庫の処分は法律で決められた手続きが必要なんだよ。もっとも、ほかにも方法はあるんだけどね。

冷蔵庫の引っ越しが面倒という理由で、引っ越し前に古い冷蔵庫を処分して、引っ越し後に買い直そうという方も多いでしょう。しかし、冷蔵庫の処分にはきちんとした手続きによる方法と気を付けるべき点があります。ここでは、家電リサイクル法に基づいた冷蔵庫の処分の方法や、無料で処分する方法について見ていきましょう。

基本的に古い冷蔵庫の処分は家電リサイクル法で定められたとおりのやり方で行うのが原則です。具体的には、

  • 新しく冷蔵庫を購入する際に利用した家電量販店で引き取ってもらうという方法
  • 郵便局で販売されているリサイクル券を購入したうえで指定引取場所まで運んでもらう方法
  • 処分する冷蔵庫を購入する際に利用した店舗でそのまま引き取ってもらう

といったやり方があります。

最も一般的なのが最初に挙げた買い替えの際に引き取ってもらう方法で、大手の家電量販店で引き取ってもらう場合、

  • 170リットル以下のサイズで4000円ほど
  • それ以上のサイズで5500円ほど

上記の料金(リサイクル料金と収集料金、消費税込み)が相場です。なお以前購入した店舗で引き取ってもらう場合も、同じくらいの費用が掛かります。

もしリサイクル費用をかけたくないという場合は、リサイクル業者に依頼して買い取ってもらうという方法があります。業者からすれば買い取ったうえで、別のところに中古で売るやり方で利益を上げるためリサイクル料金が発生しません。

注意ポイント

ただし、リサイクル業者への依頼については、運搬費用のみ請求されることやあまりにも古いものは買い取ってもらえない場合があること、中にはきちんとした免許や認定(「古物商」や「一般廃棄物収集運搬業の許可」など)を得ていない違法業者もいることなどが注意点です。

このほかにもネットオークションで売ることで処分するという方法もあり、買い手さえ見つかれば送料負担や運搬手続きさえすれば、お得に処分することができます。

へ~、家電リサイクル法に基づいた処分は聞いたことあったけど、ほかにも方法があったんだ…。

もしお金のことが心配なら、無料で処分してもらう方法を使うといいね。

引越し業者の比較は面倒。とにかく簡単に安く引越したいという人は一括業者を使うのがオススメです。
一読下さい。

引越は一括見積で大幅にお得に!大手5社を比較しました。

冷蔵庫の引っ越しはきちんとした準備と無理をしないことが重要!

冷蔵庫の引っ越しはきちんとした準備と無理をしないことが重要!

あんなに重い冷蔵庫の引っ越しにこれだけコツがあったとは…。

最後にここまでのことを振り返って、冷蔵庫の引っ越しで大切なポイントを見てみようか。

今回は冷蔵庫の引っ越しで注意すべき点についていろいろと触れてきました。ここでは全体を振り返ってまとめつつ、冷蔵庫の引っ越しで特に大切なポイントを簡潔に見ていきましょう。

事前準備

冷蔵庫の引っ越しは事前準備の段階から重要といって良いでしょう。引っ越し日の数日前から中身を極力減らし、前日までには電源を切ったうえできちんと水抜きをすることが欠かせません。また、なるべく手伝ってくれる方探しや業者への依頼もしておきましょう。

運ぶとき

実際に運ぶ際には経路をきちんと確認したうえで必要に応じて壁に養生し、なるべく複数人で声を掛け合って運ぶようにします。この時、極力立てるか、あまり傾かない程度にするのがコツです。

設置したら

新居に着いたら、まず余裕あるくらいの広さの設置場所を確保しましょう。この際に放熱スペースは電力消費量や冷却効率の面から考えてしっかりと確保します。設置したら1時間以上時間をおいて電源コードをコンセントに指しましょう。

処分するには

古い冷蔵庫の処分は家電リサイクル法に基づいた手続きで、家電量販店やリサイクル業者に引き取ってもらうようにします。リサイクル業者に引き取ってもらう際にはリサイクル料金は発生しませんが、中には違法業者もいますので業者の見極めも大切です。

以上が冷蔵庫の引っ越しで注意すべきポイントですが、特に事前準備をきちんとしておくことや極力複数人で持ち運ぶか、業者に任せることが大切といえます。一番大切なのはケガを防ぐためにも無理をしないことといって良いでしょう。

重い荷物だからこそ綿密に準備をして、なるべく人数をそろえた方がいいんですね。

一番大切なのは、ケガや冷蔵庫の破損なしに無事に新居に設置することだからね。
引越し業者の比較は面倒。とにかく簡単に安く引越したいという人は一括比較業者を使うのがオススメです。
ご一読下さい。

引越は一括見積で大幅にお得に!大手5社を比較しました。

-引越しの知識

Copyright© カモにされない引越し選び , 2019 All Rights Reserved.