引越しの知識

引越し難民になるかも!?高額料金引越しという最悪のシナリオ

投稿日:

春先って引越しする人多いですよね。しかもみんな血眼になってバタバタして…。そんなに急がなくてもいいのに。

君、わかってないね。春先は引越しの世界では最も忙しくなりやすい時期なんだよ。下手をしたら高い値段で引っ越しをする羽目になりかねないのさ。
ハイシーズンの現実を知らない人は下記もチェックしてくれ。

引越し料金が高い時期はいつ?繁忙期カモにならないために

進学や就職、人事異動など多くの人にとってさまざまな環境が変わりやすい春先ですが、それだけに引越しの件数が1年で最も多い繁忙期といえます。そして繁忙期は料金も軒並み高くなりやすく依頼をするには注意が必要です。

今回は繁忙期の引越しがどのようなもので、かつ高額料金引越しを極力避けるコツについて見ていきましょう。

引越し業者の比較は面倒。とにかく簡単に安く引越したいという人は一括業者を使うのがオススメです。
一読下さい。

引越は一括見積で大幅にお得に!大手5社を比較しました。

近年増えている!繁忙期の引越し難民とは?

近年増えている!繁忙期の引越し難民とは?

実は春先といった繁忙期は引越し難民になるリスクもあるんだ。下手をすると思うように引越しができなくなるかもしれないよ。

なんですか、その引越し難民って?

近年引越し業界では「引越し難民」と呼ばれる人々が急増しているということで大きな問題となってきています。「引越し難民」という言葉は数年前まではあまり聞かれることがなかったにもかかわらず、どのような原因や背景があってこれだけ世間で問題視されるようになったのでしょうか?

「引越し難民」とは

引越しがしたくてもできずに途方に暮れる人たちのことを指す言葉です。特に1年のうち最も引越し件数が多い春先(3月から4月)などの繁忙期に希望日はおろか、それ以外の日でも予約をとることができずに引越しができない人々のことです。

春先に予約がいっぱいで引越し日を決めることさえできないという人は、毎年のようにある程度は見られますが、特に2018年の春先は例年に比べて引越しができないという人が多く、社会的にも大きな問題になりました。

実際に引越しできずに引越し難民となった人々がツイッターなどで「トラックが確保できない」、「料金が高すぎる」といった悲鳴ともいえる口コミを多く投稿し拡散したことも、引越し難民が社会問題として注目される一因となりました。

引越し難民の問題が春先などに起こる主な原因としては、引越し業者側のスタッフ数やトラック数に対して、引越しの依頼件数があまりにも多いという点がまず挙げられます。特に春先は進学や就職などで全国的に多くの人が移動することになるため、それに伴って引越し業者に依頼が殺到しやすくなりがちです。

一方、業者側も書き入れ時ということで通常期(引越し件数が落ち着いている時期)以上に料金を高めにしています。この点に関しては引越しの予算に余裕のないユーザーにとっては深刻で、引越しに後ろ向きとなった結果、引越し難民になるということも多いです。さらに、繁忙期はただでさえ依頼件数に対して人手不足になりがちという傾向もあります。

加えて、2018年の場合はそれまでの年に見られなかった特殊な要因が加わりました。それが政府や企業が推進する働き方改革で、引越し業界でも業者側で企業としての良いイメージを保つためにスタッフに対して無理な作業や残業を強いることができなくなってきたためです。

今までであれば残業してもらってでも急増する引越し件数に対応するということができましたが、人手不足やスタッフの待遇改善を理由に受注件数の絞り込みを行うなどの対策に迫られました。

その結果、ユーザーにとっては例年以上に引越し難民になるリスクが高くなったといって良いでしょう。なお、2019年以降も例年のように春先の作業件数が高さや料金の高騰が見られるうえ、働き方改革の影響も持続するため、今後とも2018年並みの引越し難民になるリスクの高さは維持されるといって良いでしょう。これらの理由から、引越し難民の問題は決して他人事とはいえないため、自身できちんとした対策を講じる必要があります。

人手不足などが原因でこんな問題が起きるなんて・・・。

残念ながら引越し難民の問題は今後とも起こる可能性はあるからね。自分がならないように対策は必要だよ。

引越し業者の比較は面倒。とにかく簡単に安く引越したいという人は一括業者を使うのがオススメです。
一読下さい。

引越は一括見積で大幅にお得に!大手5社を比較しました。

いつもと違う!?引越し業界の繁忙期とは?

いつもと違う!?引越し業界の繁忙期とは?

うう、引越し難民ってなんだか嫌だなあ…。引っ越し先生、春先が繁忙期ということですけど、具体的にいつもとどう異なるんですか?

これは引越しを考えるうえでも重要なことだから、きちんと見ていこう。

引越しのことを考える際に欠かせない言葉として「繁忙期」というものがあり、先ほどの引越し難民の問題も春先の繁忙期に起こりやすい現象といえます。この繁忙期が具体的にどのような時期なのかについて見ていきましょう。

繁忙期とは

文字通り、引越し業界や業者にとって非常に依頼件数が多くなる時期のことです。引越し業界では特に3月から4月にかけての春先の時期のことを指します。最初に触れたように春先は多くの人が進学や就職、人事異動などで新年度からの新しい生活に備えて、別の土地に引っ越すためです。ちなみに、繁忙期以外の引越しの件数が比較的落ち着いている時期のことを「通常期」といいます。

注意ポイント

当然ながらこのような移動が日本全国で発生するため、それに合わせて引越し業者にも依頼件数が殺到し、非常に忙しくなりがちです。なお、年間の引越し件数の3分の1が春先の繁忙期に集中するとさえいわれています。

繁忙期に起こりがちなこと

依頼件数の急増や引越し料金の高騰です。このため、繁忙期に引越しを行うということであれば、通常期以上に綿密な準備が必要といえるでしょう。引越しすべき期限ぎりぎりで依頼すると多くの場合、すでに予約がいっぱいで別の日にずらす羽目になりかねないためです。

ちなみに、引越しの繁忙期と聞くと普通は春先がよくイメージされますが、実は春先以外にも大型連休がある5月や学生の引越しが多くなる夏休み、秋の人事異動が行われ、かつ連休の取りやすい時期でもある10月が挙げられます。春先ほどではないにせよ、いつもよりは引越しの件数が増えるために、希望日に引越しできないという場合もありますので注意が必要です。

依頼が殺到するうえに料金も高くなり、下手をすれば希望日の引越しもできない…。繁忙期ってこんなにきついんですか!?

特に春先は新年度に間に合うように進学や就職などでみんな一斉に引越しをするからね。だからこそ、油断できないんだ。

引越し業者の比較は面倒。とにかく簡単に安く引越したいという人は一括業者を使うのがオススメです。
一読下さい。

引越は一括見積で大幅にお得に!大手5社を比較しました。

こんなにも高くなる!?繁忙期の引越し料金の相場とは?

こんなにも高くなる!?繁忙期の引越し料金の相場とは?

そういえばさっき、料金が高くなる、という話がありましたけど、どのくらい高くなるんですか…?

やっぱり3月や4月は軒並み高くなるよ。ただし、繁忙期でも月によって通常期とほとんど変わらない場合もあるんだ。

繁忙期で起こりがちなことの1つに、引越し料金が通常期よりも高額になるという点があげられます。特になるべく安い予算で引越しを考えている方にとっては非常に深刻な問題といえるでしょう。ここでは、繁忙期が通常期に比べてどのくらい引越し料金が高くなるのかについて見ていきます。

結論から先に書けば、春先の繁忙期は通常期に比べて1.5倍から2倍に跳ね上がるというのが一般的です。繁忙期は業者にとっても稼ぎ時で、かつ多忙な時期ということもあるため料金を高く設定します。特に引越し件数が集中する傾向にある3月下旬から4月上旬にかけての2週間は、1年で最も高くなるといって良いでしょう。

注意ポイント

引越し料金の主な内訳として、基本的な運送費用と割増料金、人件費や梱包資材費、オプションサービスの料金が挙げられますが、繁忙期の場合はこのうちの割増料金が非常に高騰する仕組みです。というのも、割増料金は季節や引っ越し日の状況に応じて変動する性格の料金であるためです。

具体的に春先の料金相場を見ていきますと

3月の場合は

  • 単身者で5万円から8万3千円
  • 家族の場合で10万4千円から16万円

4月の場合は

  • 単身者で5万3千万円から7万4千円
  • 家族の場合で9万2千円から16万円

上記となっています。一方、春の繁忙期を迎える直前の

2月の場合は

  • 単身者で4万円から5万2千円
  • 家族の場合で8万円から9万3千円

であるため、春先になるといかに大きく跳ね上がるのかは一目瞭然です。なお、先ほどほかの繁忙期としていくつかの時期を挙げましたが

このうちの10月の場合でも

  • 単身者で4万3千円から5万1千円
  • 家族の場合で8万円から9万円

むしろ2月並みです。

3月や4月はやはりすごく高くなるんですね。

まあ、いちばん引越しが集中する時期だから、業者にとっても稼ぎ時だからね。

引越し業者の比較は面倒。とにかく簡単に安く引越したいという人は一括業者を使うのがオススメです。
一読下さい。

引越は一括見積で大幅にお得に!大手5社を比較しました。

繁忙期でもなるべく安く引越しをするコツとは?

繁忙期でもなるべく安く引越しをするコツとは?

結局繁忙期では高額で引越しするしかないのかなあ。でも、引越し難民はなりたくないし…。

大丈夫、実は繁忙期でも引越し料金を安くするコツはたくさんあるんだ。

ここまで繁忙期、特に春先に引越し難民になるリスクやこの時期の料金の高さについて見てきました。普段よりも引越し料金が高く、引越し難民になるリスクも高いことから中には絶望している方もいるでしょう。しかし、繁忙期であっても引越し料金を安くするためのコツは実は非常に多いです。

相見積もりを取る

まず、引越しの見積もりを複数の業者に対して依頼するという方法が挙げられます。具体的には引越し見積もりサイトを経由して行う方法ですが、この方法を使えば各業者が依頼者をめぐって競争するという形で極力安い見積もりを出して契約しようとするため、繁忙期であってもある程度の値引きは可能です。

ポイント

ただし、繁忙期で業者側もなるべく利益を上げたいと意図があるため、通常期の場合ほどの大幅な値引きは期待しない方が良いでしょう。もし、繁忙期でも大幅な値引きをしてもらいたいということであれば、本格的な繁忙期を迎える前に見積もりを取るのがおすすめです。引越し業者では早期見積もり割引を用意しているところも多く、1割から最大で5割ほど安くもらうことができます。

時期をずらす

また、引越しそのものを繁忙期以外の時期にずらすというのも1つの方法です。特に引越しの時期にあまりこだわりがないということであれば、閑散期といわれる6月(梅雨の時期)や、11月から2月を選ぶと良いでしょう。いずれも引越し件数が比較的落ち着いている時期であるためです。また、土休日よりも平日の方が料金は安めになっているので、平日引越しも考えると良いでしょう。

ほかにも縁起などを気にしない場合であれば、六曜で引越しをするには縁起が悪い日とされている仏滅や赤口の日を選ぶというのも良いです。こちらも業者側で依頼件数が減ると見込まれている分、料金を安くしている場合が多く見られます。

内容の見直し

業者側のプランを見直してみるのもおすすめの方法の1つです。例えば、引越しの時間帯についても、業者に時間帯を任せるフリープランの方が指定便よりも安い料金になっていることが一般的です。加えて、全ての作業をお任せにするプランよりも、梱包や荷解きだけはユーザーでやるプランの方がスタッフの手間が減る分、割引されています。

さて、繁忙期に料金面で引越し難民にならないようにする方法をここまで見てきましたが、最後にどうしてもご紹介しておきたいポイントとして、「再見積もりをしない」というものがあります。再見積もりとは、すでに決まっている引っ越し日や引越しプラン、荷物の量を何らかの事情により変更してもらう際に見積もりを取り直してもらうことです。

しかし、特に春先の繁忙期では業者側もトラックや人員を総動員しても急増する引越し以来の件数に対応するのが非常に大変であるため、再見積もりをしてもらった場合は通常期以上に料金の値上げ幅が大きくなる傾向にあります。下手をすれば料金が高くなるなどして希望日の引越しができなくなる可能性も出てくるでしょう。言い換えれば、繁忙期に安易に再見積もりをしてもらうことは引越し難民になるリスクに直面するということでもあります。

繁忙期に引越し難民にならないようにするためには、前々から引越しに対して日にちやプラン、荷物量などについて十分に計画を練ったうえで綿密な準備をすることが大切です。

へ~、安くできる方法ってこんなにたくさんあるんですね。でも、前もって動くことが大切ということですね

言い換えれば、前々から計画的に準備さえしていれば安く済む場合が多いということだね。だからこそ繁忙期の引越しは計画的に、だね。

引越し業者の比較は面倒。とにかく簡単に安く引越したいという人は一括業者を使うのがオススメです。
一読下さい。

引越は一括見積で大幅にお得に!大手5社を比較しました。

綿密な準備で引越し難民も高額料金引越しもうまく避けよう

綿密な準備で引越し難民も高額料金引越しもうまく避けよう

やっぱり繁忙期はいつもやる場合よりも引っ越しが大変なんですね。今回の話は聞いておいてよかった…。

基本的に料金が高くなりやすいし、予約も取りづらい。だからこそ綿密な準備が必要なんだ。

繁忙期、特に春先は1年のうち最も引越しを依頼するのが大変な時期であるため、引越し難民になるリスクも高めです。特に2018年の場合は働き方改革の影響も加わったために例年以上に引越し難民になるリスクが高くなりがちだったといえます。今後とも働き方改革の影響が持続するうえ、例年のように春先の繁忙期で引越し件数の多さや料金の高さも見られるため、引越し難民にならないように事前に綿密な準備が必要です。

引越し料金は春先の繁忙期の方が、通常期や他の繁忙期に比べて最大で倍くらいに高騰します。このため、引越し難民になることや高額料金で引越しすることを避けたいのであれば、繁忙期に入る前の早い段階で複数の業者から見積もりをとったり、割引の利くプランを選んだり、繁忙期以外の時期の引越しを検討したりするなどの対策が必要です。

今回は引越し難民になるリスクの高さや繁忙期の料金の高さ、そしてその対策について見てきましたが、万一どうしても引越し難民になってしまった場合は、ご自身で引越しをするというやり方もあります。つまり、知人や友人の力を借りて必要な作業や資材、移動手段、人員をすべて用意するやり方で、業者に頼まない分、費用はあまりかからないでしょう。

しかし、知人・友人が大勢いる場合や車を用意できる場合などに使うことができる方法ですので、やはり繁忙期に引越し難民になりたくないということであれば、早めの計画的な準備や繁忙期以外の時期の引越しが最も無難でしょう。

もし自分が繁忙期に引っ越すということになったら、早めの準備を心掛けるようにします。

その心がけが実は一番大事なんだ。ぎりぎりにやるのは危険だからね。
引越し業者の比較は面倒。とにかく簡単に安く引越したいという人は一括比較業者を使うのがオススメです。
ご一読下さい。

引越は一括見積で大幅にお得に!大手5社を比較しました。

-引越しの知識

Copyright© カモにされない引越し選び , 2019 All Rights Reserved.