https://movinghouse.jp/wp-content/uploads/2018/08/20180803tansinhikkosi01.jpg

引越しの知識

長距離単身引っ越しの相場はパックがお得?安い見積もりを誘導するには?

更新日:

引越し業者の値段なんて、どこも同じようなものでしょ

いえいえ、全く違いますよ。むしろ、同じ金額を設定している業者の方が少ないくらいです

えー、そうなの・・・引越しとか、あまりしないから全然わかんない

そうですよね。しかも、同じ業者でも、依頼者の知識の差で全く料金は違いますよ。

引越し業者は、自分から金額の交渉をしないと高い料金で見積を出してきます。

同じ引越しでも、やり方次第で全く見積金額が変わるので注意が必要です。

そこで、今回は知って得する長距離単身引越し業者や、自分にあったプラン選びを紹介していきます。

さらに、知っておけば引越し料金を格安にする方法も合わせて解説していくので、引越しをお願いする前に必ず理解しておいてください。

引越し業者の比較は面倒。とにかく簡単に安く引越したいという人は一括業者を使うのがオススメです。
一読下さい。

引越は一括見積で大幅にお得に!大手5社を比較しました。

長距離引越しの相場とは?

長距離単身引っ越しの相場はパックがお得?安い見積もりを誘導するには?

引越しの相場?そんなの、直接見積取ればわかるでしょ

いえいえ、見積もりだけを鵜呑みするのは危険です。

なんで?

だって、見積もりの金額が高いか安いかわからないでしょ?

・・・確かにそうだ

でも、安心して下さい。引越しの料金相場って、誰でも簡単に知ることができます。

長距離の引越しお得に行おうとするんだったら相場を熟知するべきでしょう。

料金の相場を把握することで、実際に見積をとったときに本当に安いのかを判断できるからです。

長距離単身引越し料金の相場は以下の通りです。
なお、料金相場は5月~2月の平均で計算しています。

部屋の大きさ 引越し距離
(200km)
引越し距離
(500km)
引越し距離
(500km以上)
ワンルーム
(荷物少なめ)
2~5万円 3~6万円 4~6万円
1LDK
(荷物少なめ)
3~6万円 4~8万円 5~8万円
2LDK
(荷物多め)
4~8万円 5~10万円 6~10万円
3LDK
(荷物多い)
5~10万円 8~10万円 10~20万円

上記のように、同じ荷物の量を引越しする場合でも距離が長くなれば料金も上がる仕組みになっています。距離が長くなれば、当然、ガソリン代や1日の作業が増えるからのようです。

また、単身で住んでいる場合に部屋が大きくても荷物の量が少なければ、料金は下がります。つまり、部屋の大きさは関係なく荷物の量を基準に料金を考える必要があるということです。

でも、そんなこと言われても自分の部屋にある荷物の量なんてわからない・・・。

そんなときの目安が部屋の大きさと覚えておくと便利です。部屋が大きければ、荷物はたくさん部屋に置けますよね。でも、部屋が小さければ収納に困るので購入する物を少ない傾向があります。

また、単身で住んでいる場合はワンルームの可能性が多く、荷物も少ないのでワンルームの相場を利用するのがおすすめです。引越しの料金の具体的な計算式は(荷物の量と距離と時期)で決まるので、しっかりと料金相場を把握しておきましょう。

今の説明でわかったのは、距離に対する料金のみでした。でも、時期も料金に大きく関係しています。引越しの件数が多い繁忙期は、3月、7月、12月です。まず、3月は4月から大学進学や就職など新しい環境に変わる時期だといわれています。

次に、7月は夏休み、12月は冬休みと長期休暇があるので、引越し件数が多いのです。この時期に引越しをすると、安い時期に比べて2倍近くも料金が変わってくるので注意しましょう。

できれば、繁忙期を避けた引越しプランを立てた方が、同じ距離の引越しでも安い料金でやってくれます。

引越し業者の比較は面倒。とにかく簡単に安く引越したいという人は一括業者を使うのがオススメです。
一読下さい。

引越は一括見積で大幅にお得に!大手5社を比較しました。

金額重視?長距離引越しの目的別おすすめプランとは?

長距離単身引っ越しの相場はパックがお得?安い見積もりを誘導するには?

引越しには、目的に合わせたプランがあるのを知っていますか?

目的?とにかく安くしてほしい

料金を下げたい人には、その人に合ったプランがありますよ。

へぇ~、他にどんなプランがあるの?

気になりますよね、目的別に選んでほしいプランは大きく分けて3つです。

金額重視の混載便プラン(単身向けパック)

とにかく安い料金で、引越しをしたい人は、混載便プランがおすすめです。

混載便は、複数人の荷物を同じトラックで運ぶ方法になります。わかりやすくいえば、宅配便のイメージでしょうか。

1台のトラックを一人で貸し切れば、ガソリン代や高速の料金はすべてお願いした人が負担することになります。

でも、複数人の荷物を1台のトラックに積めば一人あたりの料金を人数で割ることができるので比較的引越し料金を下げることができるのです。

メリット

  • 普通の引越しよりも、引越し料金を安くできる。

デメリット

  • 荷物がなくなる、壊れる危険性がある。
  • 複数人の荷物を回って届けるため、通常よりも時間がかかる。
  • 輸送の時間を指定できない

紛失を防止するために、引越し業者はダンボールに依頼者ごとに番号を振ります。でも、完璧ではないのでどうしても荷物が足りないケースはでてくるでしょう。

また、自分の好きな日時を決められないので、日時に余裕を持てる人におすすめです。

時間重視のチャーター便プラン

引越しの時間が限られている人は、チャーター便がおすすめです。

チャーター便は、1台のトラックに自分の荷物しか乗せないので、引越し先に直行してくれます。そのため、トラブルがない限り指定した時間に荷物を届けられるサービスです。

メリット

  • 荷物はなくなることがない。
  • 荷物が届くスピードが、他のプランに比べて早い。
  • 自分の好きな日時を決められる。

デメリット

  • 料金は高め。
  • 業者や内容によっては、依頼者が積み込みをするケースもある。

高速料金やガソリン代は、一人で負担するので、料金は割高になるが荷物が決まった時間に届くので安心できます。

また、トラックを貸切るので積み込みの配置や荷物の量が多くても利用することができるのです。

ただし、重たい荷物を依頼者が積み込みをするプランもあるため、事前に業者が積み込みや積み下ろしを手伝ってくれるかを聞いておく必要がありますね。

利便性重視の帰り便プラン

帰り便は、新居先に必要ない荷物がある場合におすすめです。

例えば、実家から引越し先に荷物を運搬してもらう場合に、前の住居人はいらないからと置いて行った荷物があったとします。

でも、新しく購入した物を使いたい場合は、元々置いてあった荷物が邪魔ですよね。そんな時に、帰り便を活用すれば、新居先から出発地まで荷物を持って帰ってくれるのです。

他にも、友人や知人と引越し先を交換するケースだと、運送代は半額で済んでしまいます。

使うケースは限られていますが、特定の条件が重なった人は、かなり便利です。

メリット

  • 行きと帰りの両方で荷物を運んでくれる。
  • 往復分の料金は片道分で済むのでお得。

デメリット

  • 条件が揃わないと使う必要がない。
  • 日時を指定できない。

基本的に、帰り便を使う人は少ないので引越し業者も帰り便専用のトラックを用意しているわけではありません。そのため、日時は、業者任せになってします。でも、上手く活用すれば、料金が片道分で済むので、やり方次第ではお得になりますね。

このように、自分が一番重視したいことで引越しプランを選ぶことができちゃいます。自分の生活環境に合わせたプランを選べば、トラブルや料金を減らすこともできるでしょう。

まずは、引越しの金額だけを見る前に、自分が一番重視することを決めてからプラン選びを考えてみると良いでしょう。

引越し業者の比較は面倒。とにかく簡単に安く引越したいという人は一括業者を使うのがオススメです。
一読下さい。

引越は一括見積で大幅にお得に!大手5社を比較しました。

知らないは損?長距離引越しで見積金額減らせる方法5選

長距離単身引っ越しの相場はパックがお得?安い見積もりを誘導するには?

料金の相場もわかったし、安いプランも見つけたから完璧だね

まだまだ、ある方法を使えばさらに料金を減らせますよ

本当?でも、面倒なのは嫌だよ

安心して下さい。簡単にできることばかりですし、料金が減るとわかれば楽しいかもしれませんね。

知っているとお得な見積金額を安くできる方法を5つ紹介していきます。

5つの方法を活用すると、何も知らない人に比べて同じ引越しをしても、格安の料金で行うことができるんですよ。その、ちょっとした工夫や裏ワザを見ていきましょう。

方法1、引越し時期を調節する

まず、引越し業者にお願いする上で引越し時期と料金を知っておくと料金を下げることができます。

比較的安い時期は、5月、6月、9月、10月、11月でしょう。他にも業者によっては、安くなる時期が異なりますが、引越しシーズンを外せば、最大で半額まで見積金額を落とすことができます。

さらに知っておきたいのが曜日です。実は、引越しの料金は、曜日によっても変わります。当然利用率の高い土日祝は、料金が高くなり、逆に平日は土日祝に比べて料金を安くしてくれる傾向があるようです。

引越し業者も、コンスタントに顧客を集めたいので平日に引越しを依頼してほしいことが理由になります。そのため、一番安い時期と平日を選べば通常よりも格安で引越しをすることが可能です。

方法2、複数社から一括見積

1社だけの見積では、料金が安いかの判断が付きにくいですよね。

上記に、料金の相場は書きましたが、あくまでも相場です。相場と実際の引越し見積では大きな差がでてきます。

相場と1社のみの見積で決めると、さらに安い料金に出会う可能性がなくなってしまうのです。でも、正直、たくさんの引越し業者を自宅に招き見積を取ってもらうのは面倒ではないでしょうか?

時間もかかるし、業者がいる時間は自分も自宅にいなければなりません。こんなことをするくらいなら、多少高くても1社の見積で引越しをお願いした方がコスパ的にメリットは高くなってしまいます。

そこで、有効なのが一括見積です。一括見積は、条件を指定すれば6社~10社くらいの引越し業者が、一度の入力で見積を取ってくれます。

これなら、時間もかからないのでコスパ的にもお得だし、簡単ですよね。しかも、数社の見積から自分だけの引越し相場を見つけることもできます。さらに、引越し業者は他社よりも安い金額を支払ってでも顧客を獲得したいと思っているのです。

つまり、一括見積を証拠にお願いした引越し業者から、さらに料金を下げてもらうことも可能になります。例えば、自分に合った業者を利用したいけど、一括見積したら他社の方が安かった。

でも、プランや時間を総合的に見ても、自分に合った業者で引越しをお願いしたいときってあるのです。そんなときに、一括見積を見せれば、自分に合った業者の見積を下げることだってできてしまいます。

100%安くなるわけではありませんが、一括見積をしないと可能性はゼロです。ぜひ、一括見積を活用してみて下さい。

方法3、余裕を持った引越しスケジュールを立てる

引越しスケジュールをきっちり立てられる人は、高確率で引越し料金を下げられます。

どんなに、引越しの料金を安くする方法を知っていても使えなければ意味がありません。

例えば、無計画で引越し業者にお願いした場合、料金を下げたいからといって自分で荷造りをするとしましょう。

でも、実際にやってみると思った以上に時間がかかり、指定した日時に間に合わなかった・・・となった場合、延長料金が発生し余計な出費をしてしまいます。

また、見積もりのダンボール数よりも、引越し当日の荷物が多くなってしまったらトラックに積めない問題が発生してしまうのです。

この場合は、もう1台トラックを手配してもらうか、2往復する方法になります。どちらにしても料金が多くなってしまうのでデメリットしかありません。

そんな事態にならないためにも、余裕を持ったスケジュール作りが必要なのです。時間に余裕があれば、急な事態にも対応しやすくなりますし、見積もり通りの金額で引越しができる可能性は格段に高まります。

さらに、友人や家族の協力も得やすくなるので、無計画で引越しプランを立てるのではなく、しっかりと期間に余裕をもったスケジュールを立てることが大切です。

方法4、大型荷物の購入時期と宅配便

引越しを考えている人は、大型荷物を買う時期を遅らせましょう。

引越し後に購入した方が、運ぶ手間や料金を下げる点でメリットが高いからです。引越しプランの中には、依頼者が積み込みや積み下ろしをした方が、料金が下がるものがあります。

でも、大型荷物があると一人でするには不可能です。友人や家族にお願いしても良いですが、手間もかかりますし最悪日程が合わないケースもでてしまうでしょう。

そのため、できるだけ大型荷物の購入は新居に住み始めてからがベストです。

ただ、家電などは安い時期が決まっているので引越し業者の料金と比較して一番安い方法を選ぶのをおすすめします。

次に、荷物を宅配便で送る方法もおすすめです。荷物が多い人は、引越し業者から大型のトラックを依頼しなければなりません。トラックが大きくなれば、当然見積金額も高くなってしまいます。

あとちょっと減らせば、小さなトラックでお願いできるのに・・・そんなときに、宅配便を活用しましょう。

時間があれば、自分で運んでもかまいません。結果的に、引越し業者にお願いする荷物の量を減らせれば、どんな方法でも問題ないからです。

でも、注意してほしいのは、宅配便の値段。引越し業者の見積金額+宅配便の料金となるので、逆に高くつく可能性も考えられます。

そのため、宅配便を利用する人は最終的にいくらになるのかを計算して、より安い方法で利用しましょう。

方法5、断捨離

断捨離をするメリットは荷物が減る点、お金に変えられる点の2つになります。

まず、引越しの料金は荷物の量が関係しているので、荷物を減らせば当然料金も減らすことが可能です。数年同じ場所に住んでいれば、いらない物もたくさんでてきます。

こんなときにしか、断捨離をする機会はあまりないので一石二鳥です。必要なものでも、今は使わないと感じたものは実家に送れば問題ありません。

特に、服やバックなど時期に応じて使い回すものをすべて引越し先に持っていっても使い道は時期が来るまでないですよね。必要ないものにお金を払うのはもったいないので、実家に送るなどで対応すると、料金を下げることができます。

次に、フリマアプリや買取業者を利用してお金に変える方法です。この方法を使えば、いらないものは減って、資金調達に役立てられます。

特に、服やバック、家電製品は、ダンボールに詰めるとかさばるし、重いので1人で運ぶのも大変です。他にも、趣味で集めたフュギュアや模型などがあれば、高額査定を受けることだって考えられます。

捨てるくらいなら、売ってお金にした方がかなりお得なのです。さらに、値段がつかなくても無料で引き取ってくれる業者もあるので、捨てる手間も省けます。

なにかと利用価値は高いので、必要ないものはただ、捨てるのではなく、一度売りに出すことも検討すると良いでしょう。

引越し業者の比較は面倒。とにかく簡単に安く引越したいという人は一括業者を使うのがオススメです。
一読下さい。

引越は一括見積で大幅にお得に!大手5社を比較しました。

長距離単身引っ越しにおすすめな業者は?

長距離単身引っ越しの相場はパックがお得?安い見積もりを誘導するには?

引越しの知識はだいぶついた気がするけど、業者の話が全く出てないよね。

選ぶにも、どんな業者があるのかわかんないと困るよ・・・

確かに、そうですね。しっかりと自分の引越しプランが決まったら業者選定が大切です。

業者によって、扱っているプランも料金もさまざまなのでしっかりと理解していきましょう。

長距離単身引っ越しにおすすめの大手業者を数社ピックアップしました。引越し業者は以下の通りです。

引越し業者 サービス内容 料金設定 距離別料金・その他
アート引越センター ・学割パック
・レディースパック
25000円~ 荷造り・日時指定で
追加料金がかかる
ヤマト運輸 ・単身引越しサービス
・単身引越しサービスミニ
13000円~ 同じ市区内の場合
関東:17000円
その他:14000円
アリさんマーク ・ミニプラン
・得ミニプラン
・超ミニプラン
28900円~ ダンボール上限は
プランによって変動
サカイ引越センター ・小口引越便
・せつやくコース
・ご一緒便
10000円~ コースで料金が変動
日本通運 ・単身パックS・M・L 17800円~ 東京から大阪61800円
東京から広島2800円

上記は、荷物が少なく単身で引越しを考えている人におすすめの業者です。

最低料金が一番安いのは、サカイ引越センターですがプランによって金額は変わってきます。そのため、荷物の量や引越し距離などを総合的に判断して自分に合ったプランを見つけることが大切です。

他にも、たくさん引越し業者があるので、必要ならばより多くの業者から見積をとることをおすすめします。

引越し業者の比較は面倒。とにかく簡単に安く引越したいという人は一括比較業者を使うのがオススメです。
ご一読下さい。

引越は一括見積で大幅にお得に!大手5社を比較しました。

-引越しの知識

Copyright© カモにされない引越し選び , 2019 All Rights Reserved.