引っ越しの際、郵便局の住所変更と転送を行うと便利、手続き方法も徹底解説!

https://movinghouse.jp/wp-content/uploads/2018/08/20180811_yuubintensou01.jpg

転居などの手続き関連

引っ越しの際、郵便局の住所変更と転送を行うと便利、手続き方法も徹底解説!

更新日:

引っ越しの時の郵便局の住所変更と転送の手続きとはどんなもの?

引っ越しの時に忘れがちなのが、郵便局への新住所の届け出です。

忙しさを理由に届け出しなかったために、郵便物が前の住所に届いていたということが起こることも。そこでしておくべきなのが、郵便局への住所変更と転送の手続きです。

引越し業者の比較は面倒。とにかく簡単に安く引越したいという人は一括業者を使うのがオススメです。
一読下さい。

引越は一括見積で大幅にお得に!大手5社を比較しました。

引っ越しの時の郵便局の住所変更と転送の手続きとはどんなもの?

私の隣に住んでいる老夫婦が今度引っ越すらしいのですけど、どうやら引っ越した後に息子さん夫婦からの郵便物が、今まで通り新居に届くかどうか心配をしているようですよ。

たしかにこの手の心配事は引っ越しの時に多いですよね。それでは今回は、郵便局に届け出ることのできる住所変更と転送の手続きについてご紹介しましょう。

進学や就職、転勤など私たちはさまざまな理由で引っ越しをする場合があります。引っ越しの準備となると、引っ越しの業者を選んだり、家具などを運び出しやすいように荷造りしたり、いらないものを捨てたりするなど、やるべきことが山のようにあるでしょう。

また、電気や水道、ガスなどのライフラインについても最寄りの供給会社に手続きを取ったり、役所に出かけて転出届を出したりなど手続き関係でもやるべきことは多いといえます。賃貸住宅暮らしの場合は大家さんに手続きをするほか、きれいな状態にして元に戻す必要もあるでしょう。

さて、このように引っ越しの準備の中でやることは多い中で重要ではあっても、どうしても私たちが見逃してしまいがちなものがあります。それが、郵便局での住所変更や転送の手続きです。

たしかに郵便局での住所変更や転送の手続きってそのままだと忘れますね。いつもそんなに郵便局のホームページを見る用事ってないし。

窓口でもわかりやすいところに手続きのための書類があるわけでもないですからね。しかし、これらの手続きができるということを知っているだけでも、引っ越しの後に焦ることはないのですよ。

たしかに、引っ越しの準備はただでさえやるべきことが非常に多くて頭が回らないことが多いのに、わざわざ時間を見つけて郵便局へ出かけて手続きをやるというのはとても面倒に感じるという方も多いでしょう。

特に3月といった引っ越しの多いシーズンともなると、新居を探して契約を結んだり、引っ越し業者を探して引っ越しの日を決めたりすることさえも大変でやきもきする場合も少なくありません。

しかし、郵便局で行う住所変更と転送の手続きは、家に来る郵便物は新居に無事に届くようにするためのものです。同時にあらかじめ届け出ておくことで、何らかの事情で新住所をすぐに知らせることが難しい場合でも配達物を新居に配達してもらうことができます。

加えて、住所変更や転送の手続きは旧住所の次の住人が受取人の異なる配達物を届けられて不快な思いをしたり、新居の住所を知らない方たちが郵便物を差し戻されて途方にくれたりすることも防ぐうえで有効な手段です。

引越し業者の比較は面倒。とにかく簡単に安く引越したいという人は一括業者を使うのがオススメです。
一読下さい。

引越は一括見積で大幅にお得に!大手5社を比較しました。

郵便局で住所変更と転送の手続きをしておくメリットとは?

郵便局で住所変更と転送の手続きをしておくメリットとは?

あそこのおばあさんに住所変更や転送の手続きについて話したら感心してくれたんですけど、そのメリットについて気になりだしていますね。たしかに引っ越しの準備で忙しい中での手続きは私でも面倒に感じますし。

わかります、私も最初の引っ越しの際に郵便局での住所変更や転送の手続きについて知った時はそんな気持ちになりましたから。でも、引っ越し前に郵便局で住所変更や転送手続をしておくといいこともあるのですよ。

住所変更と転送の手続きは引っ越し先が決まらないとできないため面倒さもありますが、手続きにはさまざまなメリットがあります。まず、一見面倒そうに見える手続きを郵便局に置いてある転居届の書類1枚でできるという点です。

ポイント

そのうえ、1度提出すると届出日から1年間にわたって旧住所あての郵便物を新居に無料で転送してもらえます。

また、個人だけではなく事業所の移転の際にも、普通の転居届を使って住所変更や転送の手続きも可能です。この場合は、転居者氏名の欄には事業所の代表者(社長の名前など)を記入します。さらに、移転を機に企業名が変わる場合は、新住所の上の欄に記入するところがあるため忘れないようにしましょう。

そして、1年間の転送期間が終わっても、その段階で再び郵便局に手続きを取ることで転送期間をさらに1年間延長することもできます。新住所をさっさと登録した方が早いようにも見えますが、この方法は日常的にかなり忙しく新住所を設定する余裕がないという方向けといえるでしょう。

さらにはこんな便利な転居届もありますよ。

えっ、NHKの住所変更手続きも一緒にできるんですか!?

転居届の中にはNHKの住所変更が一緒に行える仕様のものもあります。NHKの住所変更も郵便局での住所変更や転送の手続きと同じようについ忘れがちです。特に受信料が未払いの場合は、引っ越してからしばらく経ってから職員が訪問してきた際にまとめて支払う羽目にもなりかねません。

その意味では、NHKの住所変更も一緒にできる転居届を提出しておけば、引っ越しの際にわざわざ最寄りのNHKに手続きをするという手間が省けるうえ、未払いの場合のトラブルを防ぐことにもつながるでしょう。最近、未払い受信料の督促が厳しくなっているからこそ、このような仕様の転居届を活用することも生活を守る知恵であるともいえます。

引越し業者の比較は面倒。とにかく簡単に安く引越したいという人は一括業者を使うのがオススメです。
一読下さい。

引越は一括見積で大幅にお得に!大手5社を比較しました。

住所変更と転送の手続きの方法とは?

住所変更と転送の手続きの方法とは?

あれからおじいさんとおばあさんと郵便局での住所変更や転送の手続きについて話をしたんですけど、手続きの方法にも興味があるみたいです。でも、私も引っ越しは何度もやらないから、おじいさんと同じく手続きの仕方とかよくわかりませんよ。

たしかに引っ越しというのはなかなかやる機会がないから、郵便局での手続きをどうやったらいいかというのは忘れがちになりますよね。しかし大丈夫、住所変更と転送の手続きは結構簡単にできますよ。

郵便局で住所変更や転送届の手続きを行うには、大きく分けて郵便局に置いてある転居届(実は転居届1枚で住所変更も転送手続もできる)を使う方法と、インターネットを使って行う方法とがあります。

転居届を使う場合は必要事項を記入して郵便局の窓口に提出するか、ポストに投函するだけです。転居届に記入する項目としては、上から順に届出年月日と転送開始希望日、旧住所(現住所)、転居者の氏名(1枚につき最大で6人分)、新住所、連絡のつく電話番号、転居届の提出者の氏名と転居者との続柄があります。

注意ポイント

ここで大切になってくるのが、転居届の右上にある「転送開始希望日」の欄です。実は転居届は提出すればすぐに反映されるわけではなく、3~7営業日(5日から10日程度)ほどの時間が必要となります。

そして、転送開始希望日とは「郵便物を新住所に転送してほしい日」という意味であるため、実際に新居を使い始める日を希望日にする場合は、遅くとも10日前には届け出た方が良いでしょう。

先生、インターネットでも手続きができるというのは結構便利ですよね。私も今度引っ越すとなった時に使いたいところですけど、どのようにアクセスすればいいのですか?

郵便局のホームページからできる住所変更や転居の手続きは忙しい人にとっては非常に助かりますよね。ここでご紹介しますので、ぜひとも覚えておくと便利ですよ。

インターネットを使って届け出をする場合は、郵便局が運営する転居手続き専用サイトである「e転居(ウェルカムタウン)」にアクセスして画面の指示に従うだけで行うことができます。この方法でも、住所変更と転送手続を同時にできます。

ただし、窓口やポストへの投函で出す場合と異なる点として、届出後に郵便局の職員が事実確認のために旧住所か新居を訪問するというものがありますので、きちんと協力するようにしましょう。

引越し業者の比較は面倒。とにかく簡単に安く引越したいという人は一括業者を使うのがオススメです。
一読下さい。

引越は一括見積で大幅にお得に!大手5社を比較しました。

必要な書類には何がある?

必要な書類には何がある?

うーむ、手続きって聞くと、免許証とかのように提示できる書類が必要というイメージがありますよね。どんな書類が必要でしたっけ?

役所などでも届け出の時に各種書類が必要になるのはよくあることですよね。郵便局の住所変更と転送の手続きに必要な書類についてご紹介しましょう。

郵便局に転居届を提出する際には、いくつか必要な書類があります。まずは、届出をする人の本人確認書類(運転免許証や健康保険証、パスポート、マイナンバーカードまたは通知カード、住民基本台帳カードなど)です。本人確認書類に現住所(旧住所)の記載がない場合は、住民票などの現住所を公的に証明する書類も提示しましょう。

事業所が移転する場合は、届出をしにきた社員本人の社員証や保険証が必要となります。どちらも事業所と届出をする人との関係について証明するためです。

なお、転居届には届け出た方の実印を押す箇所が下から2番目の「転居届提出者氏名」欄の右側にありますので、転居届を提出する前に忘れずに押すようにしましょう。

先生、気になったんですけど、切手って必要なんですか?わざわざ届け出るのに切手を買うなんて嫌なんですけど…。

たしかにそこは気になるよね。でも、そこは心配しなくて大丈夫ですよ。

ポイント

実は転居届を提出する際には、わざわざ郵便切手を貼る必要がありません。転居届は東京にある転居届管理センターに送付することにはなっているものの、あくまでも郵便局向けの届け出書類であるためです。その証拠に切手の貼り付け欄は一切ありません。

そういえば、インターネットで手続きをするときは、何か必要なものはあるんですか?

インターネットでの手続きの場合は書類こそ必要はないけど、画面に入力するために以下の情報は必要ですね。

ポイント

インターネットでの手続きの場合は、名前と現住所・新居の住所、メールアドレスが必要となります。なお、メールアドレスについてはパソコンのものでもスマートフォンのものでも大丈夫です。

引越し業者の比較は面倒。とにかく簡単に安く引越したいという人は一括業者を使うのがオススメです。
一読下さい。

引越は一括見積で大幅にお得に!大手5社を比較しました。

郵便局での住所変更と転送手続きはいつやることができるの?

郵便局での住所変更と転送手続きはいつやることができるの?

隣の老夫婦、明日にでも町内会に挨拶に出かけるついでに郵便局に住所変更と転送の手続きをしに行くと言ってましたけど、手続きできる時間のことで悩んでいるみたいです。

住所変更と転送手続きに出かける際につい忘れがちなのが、いつ手続きできるのかの確認ですよね。最後にここでは、住所変更と転送手続のできる時間帯について見ていきましょう。

郵便局の窓口に転居届を提出する場合は、基本的に各郵便局の窓口が開いている時間であればいつでも受付をしてもらうことができます。例えば、最寄りの郵便局の窓口が開いているのが平日の9時から17時の場合であれば、その間が受け付けてもらうことのできる時間帯です。

また、規模の大きい郵便局には「ゆうゆう窓口」という時間外窓口が設けられており、こちらでは土日や夜間でも受け付けてもらうことができます。ただし、ゆうゆう窓口の受付時間は設置されている郵便局によって異なりますので、事前に確認しておくようにしましょう。

なお、インターネットやポストへの投函は時間に関係なくできますので、郵便局まで出向く時間がない方にとっては非常に便利です。

郵便局の住所変更や転送の手続きって、結構時間的に融通が利くんですね。あの様子ならあそこの老夫婦も比較的簡単に手続きできそうだ。早速隣の老夫婦に教えてきます。

そうですね。ここまで見てきたように郵便局の住所変更や転送の手続きは転居届1枚でできます。しかも、インターネットなどを使うことで時間の心配をすることなく利用できますけど、時間に余裕をもってやるに越したことはないので、引っ越し先が決まったら手続きをすると良いでしょう。

いざ引っ越しをすることになって、郵便物を新居に届けてもらえるかどうかが心配になっても、転居届による手続きについてあらかじめ知っておけば心配することはありませんので、ぜひ活用してみると良いでしょう。

最後に気を付けるべき点として、クレジットカードやキャッシュカードなどの「転送不要」と書かれた郵便物は転送してもらえないという点があるので、注意が必要です。
引越し業者の比較は面倒。とにかく簡単に安く引越したいという人は一括比較業者を使うのがオススメです。
ご一読下さい。

引越は一括見積で大幅にお得に!大手5社を比較しました。

-転居などの手続き関連

Copyright© カモにされない引越し選び , 2019 All Rights Reserved.