引越しの知識

一人暮らしの引越し費用の相場。適正料金を知るべき

投稿日:

一人暮らしの引越し費用は、普通に行う引越しの費用とは全く違うことをご存じですか?

一人暮らしは荷物が少ないから安いんじゃないの?

確かにそれもあるね。でも、引越し業者によって引越しの料金が全然違うんだ。

引越し業者によって、一人暮らし限定のお得なプランがある場合や地域によって優遇されるケースもあります。また、料金相場や適正料金を知っておかないと安いのかの判断もできません。

一人暮らしの引越しに関わる知識を知っておかないと、引越し後に後悔することに繋がってしまうのです。そのため、一人暮らしの引越しに関わる相場やプランを把握して一番お得な方法で引越しができるようにしましょう。

今回は、そんな一人暮らしの引越し費用の相場がどのくらいなのかを紹介していきます。また、大手引越し業者が行っている一人暮らしの人にお得なプランやサービスを徹底比較。

知らないと損をするので、必ず把握してから引越し業者を決めましょう。

引越し業者の比較は面倒。とにかく簡単に安く引越したいという人は一括業者を使うのがオススメです。
一読下さい。

引越は一括見積で大幅にお得に!大手5社を比較しました。

一人暮らしの引越し相場は?

一人暮らしの引越し相場は?

一人暮らしの引越し相場は、繁盛期と閑散期で違ってきます。また、引越しが県内と県外でも大きく変わってくるので、一番得をする時期や距離を知っておくことが重要です。

繁盛期と閑散期でどのくらい違うの?

気になるよね。でも、知らない人の方が多いから損をしないようにしっかりと理解しておこう

繁盛期の相場

繁盛期の料金相場は県内で5~6万円程度で、県外で7万円程度です。繁盛期は基本的に引越し業者が忙しく、受注に困っていない時期となります。そのため、料金を高めにとっても需要があるので割引をしない傾向があるのです。

注意ポイント

一般的に引越し業者の繁盛期は、入居先が変わりやすい3月~4月となっています。他にも、冬休みなど長期休暇を取れる時期は引越し業者の需要が高まるので料金は比較的高めとなるでしょう。

この時期での割引サービスは少ないので、安い金額で引越しを利用したい人にはおすすめできない時期だといえます。ただし、繁盛期には、物件が入れ替わる時期でもあるのです。

つまり、自分の理想とする物件は繁盛期にしか空かない可能性も出てきます。そのため、料金か立地や環境など、どこを重視するかで引越しする時期は変わってくるといえるでしょう。

閑散期の相場

一方、閑散期の料金相場は、県内が3~4万円で県外が5万円程度です。繁盛期に比べると2万円もお得に引越しが行える特徴があります。閑散期と呼ばれる時期は7月や9月、11月などなので、安く引越しを済ませたい人は狙い目ですね。

ポイント

この閑散期では、引越し業者は受注件数を伸ばしたいので割引サービスが上がるだけでなく、作業も丁寧に行ってくれる傾向があります。そのため、安心して引越しを行いたい人は閑散期が理想なのです。

また、閑散期では受注件数が少ないので自分の好きな日時を指定できることもできます。繁盛期と閑散期では、どちらにもメリットとデメリットがあるので自分の重視するものを決めてから時期を決めることをおすすめします。

引越し業者の比較は面倒。とにかく簡単に安く引越したいという人は一括業者を使うのがオススメです。
一読下さい。

引越は一括見積で大幅にお得に!大手5社を比較しました。

一人暮らしの引越し費用はどこを見る?

一人暮らしの引越し費用はどこを見る?

引越しの費用を決める項目は、どの引越し業者も同じです。その中で、条件を付けることで業者ごとに料金の違いが生まれています。つまり、引越し費用の仕組みを知ることで、どこの項目が安いのかを業者ごとに比較することが可能になります。

よくわからないけど、安ければそれでいいよ!

では、保険は必要?業者によっては保険をなくすことで料金を下げる場合もあるよ。だから、どのサービスを削って料金を下げているのかを知る必要があるんだ。

引越し業者の料金設定は、大きく分けて「基本料金」「実費」「オプションサービス」で決定します。それぞれ料金がどのように変わってくるのかを見ていきましょう。

基本料金

基本料金は、基本運賃と基本作業料金があり、それぞれ国土交通省の決まりに従って計算する仕組みです。

つまり、仕組みを知っていれば、どの引越し業者でも自分で料金を出すことができます。費用の計算では、業者によって時間制と距離制があるので両方理解しておきましょう。

時間による料金設定

基礎時間は4時間と8時間の2種類で計算されます。この時間は、作業のみではなく、会社からの移動も含めた時間となるので注意が必要です。

ポイント

延長料金は1時間ごとの計算となるので、5時間の場合は4時間+延長1時間の計算になります。

また、軽貨物運送業者では、2時間と8時間で分かれています。そのため、2時間程度で終わる作業の引越しだと料金は安くできるということになるのです。

距離による料金設定

次に、距離で計算する場合は100㎞が基準となります。100㎞を超えると1㎞ごとに超過となるので、長い距離になるにつれて料金が上がってしまうのです。

一方、軽貨物運送業者での基準は30㎞と普通の業者よりも短くなっています。超過は1㎞なので、長い距離を希望する人は超過が増える仕組みです。

ポイント

基本料金の時間制と距離制の両方を支払うことはありません。そのため、時間や距離を計算して一番お得になる引越し業者の料金設定を見極める必要があるのでしょう。

作業にかかる費用

引越しでの作業にかかる費用は以下が挙げられます。

  • 有料道路通行料(高速道路やフェリー代など)
  • 人件費や作業量(人数+荷物の量)
  • 梱包資材費(ダンボールなど)

引越しの作業にかかる費用は、業者によってサービスを行える部分なので料金やサービス内容に差が出やすい項目となります。同じ距離でも業者によって、サービス内容が優遇されている場合もあるので料金と比較して見ていくのがおすすめです。

オプションサービス

オプションサービスの内容は、業者によって有料と無料とさまざまです。

例えば、無料で保険やエアコンの取り付け・引き取りが付いている業者もあれば、有料にすることで料金を安くしている業者もあるといったところです。

ポイント

自分の必要なオプションが最初から付いている方が比較すると、見積もりが安いケースもあるので無料サービスの内容にも目を向けておきましょう。

他にも、キャンセル料の発生期間が短い・長いなどの違いもあるため、見積内容は細部に渡って理解しておくと比較しやすくなるのでおすすめです。

引越し業者の比較は面倒。とにかく簡単に安く引越したいという人は一括業者を使うのがオススメです。
一読下さい。

引越は一括見積で大幅にお得に!大手5社を比較しました。

一人暮らしの引越しはどこがお得?引越し業者を徹底比較

一人暮らしの引越しはどこがお得?引越し業者を徹底比較

一人暮らしの引越しでは、荷物の量が少ない点など通常の引越しに比べて行いやすいことが特徴です。大手引越し業者も作業員の削減ができるので、単身での引越しプランは比較的安い傾向があります。

単身で引越ししたいけど、県外でもできるの?

もちろんできよ。ただ、引越し業者によってエリアが決まっているから確認する必要があるんだ。

一人暮らしの引越しでも、荷物が多いケースや長距離を利用した人もいます。今回は、大手引越業者4社をピックアップして単身パックの違いを比較していきましょう。

クロネコヤマト

特徴

単身引越しサービスでは、WEB割引、平日割引、早期申込割引、複数BOX割引があります。

有料オプションで、資材回収を3000円で依頼することができます。

単身引越しサービスminiでは取り扱っている地域が限定されているので、間違えないように注意が必要です。

プラン 料金 荷物の量 対応地域
単身引越し
サービスmini
11000円~
  • ダンボール15個
  • 衣装ケース3個
  • 布団袋1個
一部地域は非対応
単身引越し
サービス
12000円~
  • 冷蔵庫
  • 洗濯機電子レンジ
  • ダンボール10個
  • 衣装ケース3個
  • 布団袋1個
  • スーツケース1個
  • 全国対応
  • 離島は別途料金がかかる

日通

特徴

日通の単身パックでは、荷物の量で3つのパックを選べることが特徴です。冷蔵庫や洗濯機などの家電もお願いできるので利用しやすい業者といえます。

日通の単身パックをお得に利用するためには、割引サービスを活用しましょう。(WEB割引2000円、平日割引1000円、複数BOX割引1000円)

逆に、引越しをする日が夜間だと2000円、土日だと2000円~4000円の割り増し料金がかかります。一番お得に利用したい人は、割引サービスを使って平日の日中に依頼すると良いでしょう。

プラン 料金 無料オプション 荷物の量
単身パックS 15000円~ 保険金額100万円 1.23㎥
単身パックL 16000円~ 保険金額150万円 1.96㎥
単身パックX 51000円~ 保険金額300万円 7.47㎥

サカイ引越センター

特徴

サカイ引越センターの格安パックは小口便引越しサービスです。
このプランには、A・B・単身資材パックがあり、ダンボールや引越しで必要な物を購入できるようになっています。

Aパック

ダンボール小と大を5個ずつ、ガムテープ1個、布団袋1枚で3240円。

Bパック

ダンボール小と大を5個ずつ、ガムテープ1個、布団袋2枚、食器包装紙100枚、エアキャップ10m、ハンガーBOXで6480円。

単身資材パック

ダンボール小と大を10個ずつ、ガムテープ1個、布団袋1枚で5400円。

必要な物が手に入らないときは利用すると便利な有料サービスをいえます。

プラン 料金 無料サービス 対応地域
小口便引越サービス 見積もりで決定
  • 梱包資材無料サービス
  • タンスの梱包
  • 電化製品の梱包
  • 養生

関東

  • 東京
  • 神奈川
  • 千葉
  • 埼玉

関西

  • 大阪
  • 京都
  • 兵庫
  • 滋賀

和歌山県

  • 和歌山市
  • 岩出市
  • 紀の川市
  • 橋本市
  • 海南市
  • 有田市

ハトのマークの引越しセンター

特徴

ハトのマークの引越しセンターの単身パックでは、引越しする人の荷物の量と距離に応じて好きなパックを選ぶことができます。

  • 距離が近く荷物が少ない<荷物が多く距離が遠い
  • 小鳩プチトラパック<小鳩パック<青春引越便

県外の引越しを考えている人は、単身パックの料金表で確認すると具体的な金額を知ることが可能です。この単身パックは、全国どこでも利用できるので利便性は高いでしょう。

また、航空機を利用したい人は小鳩スカイパックもあるのでおすすめです。

プラン 料金 オススメの人 荷物量
小鳩プチ
トラパック
11000円~
  • 県内の引越しをしたい人
  • 荷物の量が少ない人
  • 冷蔵庫
  • 洗濯機
  • 電子レンジ
  • 布団
  • ダンボール10個
  • スーツケース1個
  • 衣装ケース3個
小鳩パック 22000円~ ・荷物の量は少ないが、
引越し距離が
片道200㎞を超える人
  • 冷蔵庫
  • 洗濯機
  • 電子レンジ
  • 布団
  • ダンボール10個
  • スーツケース1個
  • 衣装ケース3個
青春引越便 37000円~ ・荷物が多い人
距離片道200㎞を超える人
  • 冷蔵庫
  • テレビ
  • 洗濯機
  • テレビ台
  • 電子レンジ
  • 掃除機
  • カラーボックス
  • 衣装ケース
  • 姿見
  • 布団
  • ダンボール

引越し業者の比較は面倒。とにかく簡単に安く引越したいという人は一括業者を使うのがオススメです。
一読下さい。

引越は一括見積で大幅にお得に!大手5社を比較しました。

一人暮らしの引越しでの注意点

一人暮らしの引越しでの注意点

一人暮らしの引越し業者を決める前に、注意点を理解しておきましょう。確かに、一人暮らしの引越しはどの業者も比較的安い料金で行うことが可能です。

その中でも、やはり注意しておかなければ引越し後に後悔する結果になるケースもあります。

引越しは、後悔したくないから注意点は理解しておきたいな。

トラブルの原因になることもあるからしっかり理解しておこう。

すぐに決めない

まず、既に普通の引越しに比べて安い単身の引越しプランを鵜呑みにしては損をしてしまいます。どの引越し業者でも、交渉をすると料金を下げてくれることがあるのです。

ポイント

全く同じ料金プランでも数万円変わるケースもあるので、即決は避けることをおすすめします。

また、引越し日時を数カ月先に予約をすることで、料金を下げることも可能です。業者側も予約をしてくれることは、嬉しいことなので重宝してくれます。

注意ポイント

逆に、見積もりだけで日が経つと、優遇されにくくなるので注意しておきましょう。

価格だけで選ばない

一人暮らしの引越しプランでは、荷物の量が少ないことや近場の場合が多いため保証サービスがないことがあります。保証サービスやオプションを加えていくと、他のプランの方が安くなるケースもあるのです。

注意ポイント

そのため、引越しの見積金額だけを見て決めることはリスクが大きいので注意しましょう。

プラン料金だけでなく、安くなる平日や引越し時間を夕方にするなどの工夫をした後で見積を見直すようにするとお得になります。

数社の見積を取る

相見積もりは、比較サイトなどが充実しているので知っている人も多いのではないでしょうか。比較サイトでの料金見積は、確かに見やすくて便利です。

ただし、プラン内容や無料サービスが同じ見積で比較しなければ意味がありません。同じ内容で、見積もりを取っても業者によって料金は全く変わってきます。

注意ポイント

さらに、自分の加えたいオプションを加えた見積で比較すると、よりお得な業者を探すことができるのです。そのため、数社の見積を取る際は内容にも注意して比較することが大切です。

引越し業者の比較は面倒。とにかく簡単に安く引越したいという人は一括業者を使うのがオススメです。
一読下さい。

引越は一括見積で大幅にお得に!大手5社を比較しました。

料金相場や適正金額を知って損をしない引越しをしよう

料金相場や適正金額を知って損をしない引越しをしよう

引越し業者の中には、一人暮らしに特化したお得なプランがたくさんあります。さらに、引越しの時期や曜日を変えるだけで、簡単に料金を下げることができるのです。

荷物の量を減らしたり、いらない物は自分で送ったりするものお得な方法でしょう。このように、一人暮らしのプラン料金に満足するのでなく、さらにお得に引越しできる方法を意識することが大切です。

新しい環境で楽しく生活するためにも、一人暮らしの引越し費用の相場や適正価格を知ってお得に行ってみてはいかがでしょうか。

引越し業者の比較は面倒。とにかく簡単に安く引越したいという人は一括比較業者を使うのがオススメです。
ご一読下さい。

引越は一括見積で大幅にお得に!大手5社を比較しました。

-引越しの知識

Copyright© カモにされない引越し選び , 2019 All Rights Reserved.