転居などの手続き関連

引越しで旧居と新居の掃除をスムーズに行うポイント

更新日:

引越しの掃除は旧居と新居の両方で必要なのをご存じでしたか?旧居での掃除は必要とわかっていても、新居の掃除をしない人も多いようです。

さらに、旧居での掃除はどこまでやればよいのかも具体的に知っている人は少ないのではないでしょうか。

別に掃除は、ある程度でいいんじゃないの?

いえいえ、旧居での掃除の状態によっては敷金トラブルに繋がることもあるよ。だから、綺麗に掃除する必要があるんだ

引越しの掃除でトラブルが多いのが、敷金トラブルです。また、新居の状態を事前にチェックしていない場合も退去時にトラブルの原因になってしまうでしょう。そのため、引越しの掃除やチェックは必要以上に行う必要があるのです。

今回は、そんな、敷金トラブルを未然に防ぐための旧居と新居での掃除を行うポイントを紹介していきます。事前に掃除内容や知識を把握しておくだけで、スムーズな引越しを行うことができるので必ずチェックしておきましょう。

引越し業者の比較は面倒。とにかく簡単に安く引越したいという人は一括業者を使うのがオススメです。
一読下さい。

引越は一括見積で大幅にお得に!大手5社を比較しました。

そもそも、引越しの掃除はどこまでやればいい?

そもそも、引越しの掃除はどこまでやればいい?

引越しの掃除はしなくてもいいって聞いたことがあるけど、正直どうなの?

引越しの掃除は、必要です。とうよりも掃除をした方がお得な場合があるよ。詳しく説明していくからしっかり理解しよう。

引越しをする場合、旧居での掃除は基本的に見える範囲でも問題ありません。あまりにも汚い状態で退去すると過払いする契約を交わしていない限り掃除は最低限でよいのです。

ポイント

退去時の掃除の有無に関わらず、業者によるクリーニングがあるから心配ありません。

ただし、敷金を支払っている場合、掃除を必要以上に行っていると敷金が戻ってくるケースがあります。そのため、少しでも敷金を取り戻したい人は細部まで掃除をした方がお得となるのです。

敷金は、借主が部屋を貸した人が退去したあとにクリーニング代として預かっているお金です。主に、住宅の設備などを貸した人が壊した際に利用するお金なので、特別な破損などがなければ敷金は返ってくるものとなっています。

つまり、敷金が全額返ってくるかは、部屋を借りた人の使用状況によって大きく変わるということです。

では、どこまで掃除を行えば良いのでしょうか?基本的に、敷金が全額返ってくるケースは入居時と全く同じ綺麗さになっていることが条件となります。

原状回復とも呼ばれますが、自然に劣化した部分以外をピカピカにする必要があるのです。原状回復を行うためには、掃除の場所や掃除をする上でのポイントを理解しなければ物凄く苦労することになりかねません。

そのため、掃除をスムーズに行うためにも、新居時と退去時のポイントを抑えておきましょう。

引越し業者の比較は面倒。とにかく簡単に安く引越したいという人は一括業者を使うのがオススメです。
一読下さい。

引越は一括見積で大幅にお得に!大手5社を比較しました。

新居の掃除をスムーズにするポイント

新居の掃除をスムーズにするポイント

新居って元々綺麗だから何もしなくていいんじゃない?

新居時でも、意外に汚いんだよ。しかも、新居時にやっておかなければ後々後悔することもあるからポイントをしっかり抑えておこう。

新居は、見た目が綺麗だから掃除はしなくても良いと考える人は多いのではないでしょうか?

確かに、業者によるクリーニングは行っていますが、クリーニング後から入居まで時間が経っていればホコリなどが溜まっていることもあります。

そのため、新居時でも掃除を行った方が良いのです。さらに、新居時の掃除をすることで傷や凹みなどの状態を確認することができます。

注意ポイント

このような最初からある傷や凹みは、部屋を貸している人とトラブルになる可能性が高く、初期の状態をしっかりと確認しておかなければなりません。

しっかりと、ポイントを抑えて退去時にトラブルが起こらないように、新居時にも掃除や確認を行うことが大切でしょう。

ポイント1、換気

まず、新居時の掃除をする前に必ず換気をしましょう。

特に、新築やリフォームを行った部屋は特殊な塗料を使っているため体に毒です。体調が悪くなる可能性もあるのでしっかりと窓や扉を開けることが大切となってきます。

また、ホコリが溜まっていれば部屋中に充満するでしょう。新居時に体調を崩さないためにも、細かな作業を覚えておくことをおすすめします。

他にも、窓や窓の淵が最初から破損している可能性もよくあります。この場合は、物件を借りた業者に連絡して、初期対応を依頼しなければなりません。

退去時のトラブルを防止するためにも、必ずチェックしておきましょう。

ポイント2、内装や外装のチェック

ポイント1でも紹介しましたが、次は内装や外装に破損がないかをチェックしておきましょう。

ポイント

原則、敷金を全額戻すためには原状回復が必要でしたよね。そのため、入居時に汚れがどの程度なのかを写真で撮っておく必要があります。

前に住んでいた人が、部屋でタバコを吸っていた場合、業者が綺麗にしていても黄ばんでいる可能性も十分に考えられます。細部に渡って写真を撮り、掃除した方が良い場所も踏まえて部屋中をチェックしておくと良いでしょう。

また、外装も確認しておく必要があります。

例えば、ドアのノブがもともと緩い、ポストに破損が見られるなど意外に状態が悪いこともあるのです。部屋の中だけでなく、部屋の外も細部までチェックして最初の状態を確認しておくことがトラブル防止に繋がります。

ポイント3、ホコリの掃除

家具を置く前にホコリを掃除した方が、退去時の掃除が若干楽になります。

また、家具を置く際にホコリが気になってしまい、その場で掃除をしているとスムーズに引越しを行うことができません。そのため、床やキッチン、壁や天井などは最初から綺麗に掃除をしておくと良いでしょう。

掃除は、天井→壁→床や畳といった流れがスムーズです。上から掃除をすることで、二度手間を防ぐことができます。また、天井を掃除できる脚立を用意しておくと良いでしょう。

掃除方法は、掃除機やほうきで見えるゴミをとり、雑巾でふきましょう。ゴシゴシ拭くほど汚れていることは、稀なのでさっと拭く方法で問題ありません。

ポイント4、害虫対策

害虫対策は、入居時に行っておく必要があります。

入居前から害虫が住み着いている場合もありますし、最初に対策をすることで害虫の侵入を防ぐことができるからです。

主に、燻蒸タイプの害虫駆除剤を利用するのがおすすめで、他にも置くだけで数カ月害虫を寄せ付けないものを使うのもベスト。

いずれにしても、入居の時点から害虫対策をすることで住みだしてから嫌な思いをしにくくなるので頭に入れておきましょう。

引越し業者の比較は面倒。とにかく簡単に安く引越したいという人は一括業者を使うのがオススメです。
一読下さい。

引越は一括見積で大幅にお得に!大手5社を比較しました。

旧居の掃除をスムーズにするポイント

旧居の掃除をスムーズにするポイント

敷金を取り戻したいから、徹底的に掃除したいけど何からやればいい?

掃除をスムーズに行うためには、いつくかポイントを抑えて掃除をする必要があるよ。無知でやると時間や労力がすごくかかるから、よく、確認しておこう

旧居の掃除では、引越しと併用して行っていくため、思った以上に時間が限られています。

スムーズに掃除をするためにも、準備物は事前に用意しておくことが必要です。

旧居の掃除で必要な準備物

  • マスク
  • ネガネ
  • 雑巾
  • ワイパー
  • 新聞紙
  • ビニールシート
  • ハタキ
  • 洗剤
  • お酢
  • ゴム手袋
  • サランラップ
  • カビキラー
  • 歯ブラシ

上記の準備物以外にも、活用できそうなものがあれば準備しておいた方が良いでしょう。塩素系の洗剤も使うため、皮膚に付着しない工夫は絶対に行うように心掛けると安心です。

次に、掃除をする順番は、新居の掃除同様に天井→壁→床→水回りがベストとなります。天井から掃除を行うため、荷物や家具の上にホコリが付かないようにビニールシートや新聞紙を置いておくことがおすすめです。

ポイント1、天井

・方法

天井は、基本的にホコリを取り除くだけで十分です。脚立や椅子を用意して、雑巾で水拭きと乾拭きを行いましょう。

・ポイント

天井の掃除では、ホコリが自分にかなりかかる作業なので、帽子やメガネなどを身に着けて行うことがおすすめです。

また、天井に届く長いワイパーも市販で購入できます。時間短縮を考えるのであれば、ワイパーの方が効率は良いでしょう。

ポイント2、壁

・方法

壁の汚れはさまざまな種類があります。

まずは、落としやすいホコリを雑巾で綺麗にしましょう。次に、粘着系の汚れや雑巾で落とせなかった汚れはポイントを踏まえて落としていきます。

・ポイント

テープや粘着系の貼り物は、無理矢理はがすと壁紙まで一緒に剥げてしまいます。この場合は、お酢をティッシュや布に染み込ませて壁と粘着物の間に当てます。

その後、マイナスドライバーやカッターなどでゆっくりと剥がしていくと綺麗に取ることが可能です。

また、壁に残った粘着剤はアルコールを吹きかけると簡単に取れるので、やり方を間違えないように慎重に行いましょう。

油性ペンなどに汚れは、口紅や日焼け止めを活用すると簡単に落とすことが可能です。口紅には乳化剤、日焼け止めには油が含まれているため、油性ペンと結合してインクを浮かせることができます。塗ってから多少時間をおいて、ティッシュなどで拭き取りましょう。

手元に、両方ない場合は消しゴムでも代用できるので身の回りにあるものを活用して効率よく作業を行っていくと良いでしょう。

ポイント3、床

・方法

フローリングや畳などの床は、普段行っている掃除方法で問題ありません。

ワックスをかける必要はありませんが、よりピカピカにできるポイントを行うと評価が高くなるのでしょう。

また、汚れがひどい場合は洗剤を活用してしっかりと落としていきます。

・ポイント

ワックスのように、床をピカピカにするにはお酢や米のとぎ汁がおすすめです。

水拭きの際に、お酢やとぎ汁を含ませて拭くだけで2倍や3倍の違いがでます。

また、角にこびり付いた汚れは爪楊枝や歯ブラシでかきだすように掃除すると綺麗になるのでおすすめです。

ポイント4、水回り

・方法

水回りは、水アカやドアの隙間の汚れを先に落としていきます。
水アカは、メラニンスポンジを活用しましょう。

隙間の汚れには、割り箸に布を巻いて拭き取ると簡単に汚れを取れます。

次に、頑固なカビを取っていきましょう。カビを落とすには、コツが必要なのでポイントをしっかりと確認していきます。

・ポイント

カビキラーなどを使っても、なかなかカビを落とすのは難しい傾向があります。そんなときに、便利なのがサランラップです。

まず、カビにカビキラーなどを吹きかけ、その上からサランラップをかぶせます。30分~1時間程度置けば、綺麗にカビを落とすことが可能です。

カビキラーなどの洗剤は、確かにカビを落とす際に有効ですが重力で下に落ちたり乾いたりして効果を発揮できない場合が多い傾向にあります。

これが、専用洗剤を使ってもなかなかカビを落とせない理由です。
乾燥を防ぎ、洗剤をその場に留めさせるためにサランラップを使い効果を最大限引き出します。

強力な洗剤を購入するよりも安価なので、実践してみると良いでしょう。

引越し業者の比較は面倒。とにかく簡単に安く引越したいという人は一括業者を使うのがオススメです。
一読下さい。

引越は一括見積で大幅にお得に!大手5社を比較しました。

敷金のトラブルを未然に防ぐポイント

敷金のトラブルを未然に防ぐポイント

引越しの金銭トラブルは多いって聞くけどホント?

確かに、敷金でのトラブルは多いね。でも、どちらが間違っているかの判断が難しいのも事実。だから、金銭トラブルにならないためにも未然に防ぐ方法を知っておこう。

旧居と新居で敷金のトラブルは頻繁に起こる傾向があります。

敷金がなぜか返ってこないケースもありますし、契約書の確認不足で敷金を失うことも多いのです。

金銭トラブルにならないためにも、敷金で多いトラブルと未然に防ぐ方法を事前に理解していきましょう。

旧居の原状回復義務

部屋を借りた人には、退去時に原状回復義務が発生します。

綺麗に掃除をしていれば問題ありませんが、不当に敷金返却が行われないケースもあるので注意が必要です。

主に、借りた人が敷金から差し引かれるケースは、家賃の滞納、借主が故意に行った破損、荷物が残っていることが挙げられます。その他、日焼けや多少の汚れは貸した側の負担です。

ポイント

敷金のトラブルを未然に防ぐためには、借りた側の負担はどこまでなのかを理解しておくことが重要となります。

もし、不当に敷金が返ってこなければ、連絡して詳細を確認しましょう。

旧居の荷物は残さない

引越しをした後の住居に荷物を残してしまうと、敷金から処分料を請求させる可能性があります。

注意ポイント

請求は、荷物の量だけでなく、荷物を残した期間を合算した金額となるので敷金すべてを使ってしまうこともあるのです。

また、荷物を残せば、大家さんや業者関係者に迷惑がかかるだけでなく、次の人を住ませる期間も長引いてしまうので注意しておきましょう。

できるだけ、退去するときはすべてのものを撤去するように心がけることが必要です。

引越し業者の比較は面倒。とにかく簡単に安く引越したいという人は一括業者を使うのがオススメです。
一読下さい。

引越は一括見積で大幅にお得に!大手5社を比較しました。

旧居と新居のポイントを抑えて、スムーズな掃除をしよう

旧居と新居のポイントを抑えて、スムーズな掃除をしよう

引越しをする上で、旧居と新居での掃除は細部に渡って行うことが重要です。

掃除をしないことで、敷金が減ることもありますし、汚い部屋で生活をしていくことになってしまいます。

ただ、引越しは時間や手間がかかるため掃除をおろそかにしがちです。そのため、掃除を行う日を事前に設けておくことをおすすめします。

今回、紹介した掃除の方法やポイントを抑えてスムーズな掃除ができるようにしておきましょう。

注意ポイント

また、契約書をしっかりと読み返して、敷金などの金銭トラブルに巻き込まれないように注意しておくことも必要です。

計画を立てて、トラブルのないスムーズな掃除を行っていきましょう。

引越し業者の比較は面倒。とにかく簡単に安く引越したいという人は一括比較業者を使うのがオススメです。
ご一読下さい。

引越は一括見積で大幅にお得に!大手5社を比較しました。

-転居などの手続き関連

Copyright© カモにされない引越し選び , 2019 All Rights Reserved.