引越しの知識

引越しをスムーズにする決め手はチェックリスト!準備や段取りのまとめ方

更新日:

引っ越し先生、引越しって本当にやるべきことが多いですよね。あまりにも多くて頭がパンクしそうなんですけど・・・。

そういうときはToDoリストみたいに何かにメモしながら準備を進めるといいよ。今回はチェックリストの話をしていこう。

引越しの準備をするとなると、引越し業者の選定から各種手続き、当日に向けての荷作りなどやるべきことが山積みです。あまりにもやることが多くパニックに陥りがちですが、チェックリストがあれば比較的スムーズかつ楽に引っ越しの準備ができます。今回は、引越しの際のチェックリストについていろいろと見ていきましょう。

1. これさえあれば引越しも怖くない!引越しで重宝するチェックリストとは?

引越し業者の比較は面倒。とにかく簡単に安く引越したいという人は一括業者を使うのがオススメです。
一読下さい。

引越は一括見積で大幅にお得に!大手5社を比較しました。

1. これさえあれば引越しも怖くない!引越しで重宝するチェックリストとは?

えっ、チェックリストって、あのToDoリストみたいなものですよね。作るのすら面倒なんですけど…。

君、チェックリストの力を甘く見てはいけないよ。チェックリストがあるかどうかで引越しが楽になるかどうか変わってくるんだから。

新しい生活に先立って引越しを行う場合は非常に多いですが、実は引越しではやるべき準備や手続きが非常に多岐にわたります。そこで役立つのが引越しチェックリストです。ここではまず、引越しをスムーズに進めるうえで不可欠な引越しチェックリストはなぜ必須アイテムであるのか、そしてどのように入手すればいいのかや、おすすめアプリについてご紹介します。

引越しでチェックリストを活用することが欠かせないのは、引越しの際に手をつけるべき段取りがあまりにも多いためです。具体的な項目を挙げていきますと、役所での手続きや引越し業者への見積もり依頼・選定やライフライン関係などの移転手続き、銀行や郵便、NHK の住所変更手続き、荷物の荷作り、新居でのレイアウトの作成、学校などの転校手続きなどです。また、これまでお世話になったご近所の方へのあいさつ回りといった手続きといった人間関係にまつわるものも含まれるでしょう。

今挙げたものだけでも非常にやるべきことは多いうえ、特に引越し当日までの時間が限られている場合は効率の良い準備をすることが重要といえます。そこで、引越しチェックリストを活用してやるべきことを見える化することで、やり忘れやミスを防止したりするだけではなく、準備中にパニックに陥ったり直前に焦ったりすることがないようにすることが可能です。

加えて、期限が決まっている項目を書いておくことで、期限に振り回されることなく余裕をもって準備をすることにもつながります。このため、非常に忙しくなりがちな引っ越しの準備をスムーズかつ楽にこなすうえで、チェックリストは欠かせない手段といって良いでしょう。

引越しチェックリストはノートなどを使って手作りで用意するという方法が一番シンプルなやり方です。しかし、近年では引越し業者各社でも公式ページからダウンロードすることができたり、スマホの専用アプリをダウンロードしたりして活用する方法もあります。

アプリについては、非常にシンプルで、かつやるべき項目の追加・削除を自在にできる「Check」や、引越しだけでなく賃貸契約でも活躍させることができる「部屋探しサポート 引越し・賃貸契約に役立つガイド」などがおすすめです。ぜひともご自身の使い勝手やニーズに応じて選んで使ってみると良いでしょう。

あらためてやるべきことの多さには頭が痛くなりそうですけど、チェックリストがあるというだけでやりやすくなりそう。

そう、頭の中で考えてあることは実際に書きだしてみると不思議と整理されるからね。

2. 面倒でも作った方が良い!引越しチェックリストのまとめ方のコツとは?

引越し業者の比較は面倒。とにかく簡単に安く引越したいという人は一括業者を使うのがオススメです。
一読下さい。

引越は一括見積で大幅にお得に!大手5社を比較しました。

2. 面倒でも作った方が良い!引越しチェックリストのまとめ方のコツとは?

でも先生、引越しチェックリストが役立つのはわかりましたけど、やっぱり作るのが面倒に見えますよ。

やっぱりやるべき項目が多いと作るのが大変に感じられるよね。よし、作り方のコツを教えよう。

引越しの際には、確かにチェックリストがあれば大幅に準備がしやすくなります。しかし、ただでさえ引越しの準備が忙しいのに、いちいちチェックリストなど作っていられないと感じる方も多いのではないでしょうか?そこで、作るのが大変そうに見える引越しチェックリストをうまく書くコツについてご紹介します。

引越しチェックリストを作る際にポイントとなってくるのが「期限」です。実は引越しの準備や手続きの中には、期限が決まっているものが非常に多く見られます。具体例については後の省で詳しく見ていきますが、今まで住んでいた住居が賃貸住宅の場合、大家や管理会社に退去予告をするのが1ヶ月前、役所への転出届や転居届の提出は引越し日の14日前(2週間前)というように決まっている具合です。

このため、チェックリストを作成するにはまず、あらかじめ期限の決まっている準備や手続きの項目を先に書き込んでいくと良いでしょう。特にどうしてもこの期限にやるべき項目については真っ先に書き込んでいくと、後からほかの項目を入れていくうえで基準となっていきます。

また、1週間ごとに区切って作るというやり方もおすすめです。各週でやるべき項目を分散させて書いておけば、物理面だけでなく心理面においても引越しの準備に対する負担を軽くすることができます。ただし、当日に近い方にやるべきことが偏らないように工夫することが大切です。

さらに、優先順位の高さを基準に加えてチェックリストを作るという方法があります。例えば、いつまでにやるべきかがはっきりしていて、期限が譲れないようなものは赤字など目立つ色で書き込んでいくと良いでしょう。もちろん、あまり優先度の高くない項目については黒字などあまり目立たない色を使うと良いです。

なおこの場合も、あまり多くの色のペンを使うのではなく、例えば、といった3色を使うというように自分の中でシンプルな判断基準を設けた方がやりやすいといえます。

なるほど時系列とか優先順位でまとめれば割と作りやすいんですね。

特に引越しでやるべきことは期限が決まっていることが多いから、どうしても作りづらければ時系列を軸に作ってみるといい。

3. 実際にいつまでやればいいの?引越しでやるべきことの期限

引越し業者の比較は面倒。とにかく簡単に安く引越したいという人は一括業者を使うのがオススメです。
一読下さい。

引越は一括見積で大幅にお得に!大手5社を比較しました。

3. 実際にいつまでやればいいの?引越しでやるべきことの期限

先生、さっきから時系列のことばかり話しているみたいですけど、引越しでやることにはそんなに期限があるんですか?

実にたくさんあるよ。そして、やることの期限を知っておかないととんでもないことになる。

先ほども少し触れましたが、引越しの準備や手続きでやるべき項目の中には、あらかじめ期限がはっきりしているものが多いです。ここでは引越し準備の中で期限が決まっているものについて時系列で説明していきますので、ぜひともチェックリストづくりやスムーズな引越しの準備に活用していただければ幸いです。なお、引越しの準備は一般的には1ヶ月ほど前から手をつける傾向があるため、1ヶ月前から見ていきましょう。

まず、1ヶ月前の段階で行うべき項目として、引越し業者への見積もり依頼・選定や賃貸住宅の退去予告、学校の転校届の提出が挙げられます。特に賃貸住宅の退去予告は一般的に1ヶ月前までには行うことが賃貸契約書で決められていることが多いため、忘れずに行うようにしましょう。

また、引越し業者の選定もこの時期からやる方が比較的安い値段で契約することができます。学校については、転校先に提出する在学証明書や教科用図書給与証明書といった天候の際に欠かせない書類の発行に時間が必要ですので、1ヶ月前には担任の先生に転校の旨を伝えましょう。

次に2週間前までに行うべきこととして、電気やガス、水道といったライフライン関係の移転手続きや、携帯電話や新聞、保険関係の住所変更などの手続きなどが挙げられます。明確に「2週間前までにやるべき」というわけではありませんが、後になるほど忘れたり焦ったりすることが多いため、この時期にやっておくのが賢明でしょう。

なお、ライフライン関係については今までの住居への電気などを停止することと併せて、新居向けの新規契約手続きも必要です。新聞については、今後読まない場合は月末を迎えるところで解約すると良いでしょう。

さらに1週間前までに行うべきこととして、役所での転出届・転居届の手続きや健康保険などの資格喪失届の提出、銀行や郵便局での住所変更届の提出などが挙げられます。転出届や転居届は法律で14日前からできるものとされているため、引越し日まで2週間を切ったら早めに役所に出向くようにしましょう。ほかの公的保険や福祉関係の手続きもこの時に一緒に行うと手間が省けます。

加えて、粗大ごみの処理もこの時期に行っておくと、引越し直前や当日の時期に焦らずに済みます。ただし、春先の繁忙期は2週間前でさえも非常に依頼が殺到するため、1ヶ月ほど前からやっておくと良いでしょう。

いよいよ、引越しまで1週間を切ったところで引越しの際に搬出する家具などの荷作りや梱包資材を準備を始めます。また、クレジットカードなどの各種サービスについても住所変更手続きをしますが、ネット上のマイページを経由して行う方が手間になりません。

2,3日前になったら家の中を全体的に掃除したり、賃貸住宅の場合は原状回復を行ったりしましょう。加えて、冷蔵庫の中身も処理したうえで、電源を切り水抜きや霜取りを行います。

当日はいよいよ引越しですが、蛇口やガスの元栓をきちんと閉め、ブレーカーを落とします。加えて、賃貸住宅の場合は管理会社や大家さんなどに借りていたカギを返却しましょう。

こんなにあるんですね。驚きです。

中には契約とか法律で決まっているものもあるから、特にチェックリストの中で目立つように書くといい。

4. こんなにある!!早めの引越し準備のメリットとは?

引越し業者の比較は面倒。とにかく簡単に安く引越したいという人は一括業者を使うのがオススメです。
一読下さい。

引越は一括見積で大幅にお得に!大手5社を比較しました。

4. こんなにある!!早めの引越し準備のメリットとは?

それにしても早めに手をつけておいた方がいいものも多いようですけど、ついでにメリットも聞いておきたいです。

引越しで早めに手をつけて得られるメリットはすごく多いよ。引越し準備について考えるのなら、ぜひメリットも知っておいた方がいい。

やるべきことが非常に多い引越しの準備ですが、早めにやっておくとメリットもたくさんあります。

まず、引越し業者への見積もり依頼や選定は引越し日まで1ヶ月になったところで始めましょう。実は1ヶ月前頃から見積もりを依頼すると、各業者が一斉になるべく安いものを提示するためです。そのうえ、早いほど割引もしてくれるため、引越し料金の面で非常にお得になります。

また、引越しの際の粗大ごみを含む不用品の処分も早いうちから手をつけておいた方が良いでしょう。先ほども書いたように特に春先は早い時期から依頼が殺到するため、一つ間違えると引越し当日に不用品を放置するということで管理会社や大家さんに迷惑をかけることにもなりかねません。また、引越し費用を極力安くし、かつ極力引っ越しの準備の手間を省くうえでも早い段階での不用品の処分は重要なことです。

さらに、役所への手続き(特に転出届)は忘れないようにするためにも2週間前になったら早めに行うことをおすすめします。役所での住所変更がきちんとされていないと、引越し先で必要な公共サービスを受けることができなくなるためです。多くの場合、公共サービスはその地域で便利に生活していくうえで不可欠であることから、引越し先で不便な思いをしないように早めの手続きを心掛けましょう。

そして、引越しを業者の手を借りないでやる場合はレンタカーなどの手配が必要ですが、早いうちに予約しておけば、後で借りられずに業者に依頼するよりもはるかに安上がりです。付け加えれば、土日祝日よりも平日の方が安く借りることができるため、引越し日を平日にするほうがおすすめといえます。

こんなにメリットがあるうえに、費用にも影響するとは・・・。

特に忙しいと忘れてぎりぎりになりがちだからね。そうならないようにするためにも早くできるものは早くやるといいよ。

5. 引越しではチェックリストが大活躍!引越しなんかもう怖くない!

引越し業者の比較は面倒。とにかく簡単に安く引越したいという人は一括業者を使うのがオススメです。
一読下さい。

引越は一括見積で大幅にお得に!大手5社を比較しました。

5. 引越しではチェックリストが大活躍!引越しなんかもう怖くない!

それでもやはりやることが多いから、チェックリストは作るなり入手するなりするようにします。

それがいいよ。最後にここまでを振り返ってチェックリストがいかに役立つものかを考えてみよう。

今回は非常にやることが多い引越しの準備で役立つチェックリストについていろいろと見てきました。最後に全体をまとめつつ、チェックリストがどれほど役に立つのかについて見ていきます。

引越しの準備の際にやるべきことは非常に多岐にわたり、引越し業者選びや退去予告、役所や学校への手続き、不用品の処分、ライフラインや銀行などへの住所変更や新規契約手続きなどが挙げられます。やるべき項目が非常に多いからこそ、チェックリストを活用すると比較的準備しやすいです。チェックリストは引越し業者のものをダウンロードしたり、アプリを活用したりすることで入手できますが、作成の際には役所への手続きのような期限があらかじめ決まっているものを軸にすると良いでしょう。

引越しの準備の中で期限が決まっている項目として、管理会社や大家への退去予告や役所での転出届・転居届の提出や公的保険関係の手続き、転校手続き、賃貸住宅のカギの返却などが挙げられます。中には期限をきちんと守らないとデメリットが大きいものもあるため、特に期限が厳密なものはきちんと守って、チェックリストでも目立つように書きこんでおきましょう。

一方、早めに引越しの準備をするとメリットが多いです。具体的には引越し料金やレンタカーの料金が比較的安くなったり、新しい土地でスムーズに公共サービスを利用できたり、引越しの際に人間関係でわだかまりを作らずに済んだりするというものです。

以上のようにチェックリストを活用することは、やることが多い引越しの準備をスムーズにするうえで欠かせません。加えて、引越しの準備で起こりがちなミスや二度手間などを未然に防ぐことにもつながります。

そして、チェックリストを使った引越しの準備は、物理面だけでなく心理面でも大きなメリットがあることです。引越しの準備ではやるべきことが多い分、ストレスや不安も大きくなりがちで、心理的に大きな負担になることもあります。しかし、チェックリストを使えばやるべきことを事前に整理できる分、あらかじめ心の準備をしたうえで落ち着いて準備することができるため、ストレスの軽減にもつながるといえるでしょう。

引越し業者の比較は面倒。とにかく簡単に安く引越したいという人は一括業者を使うのがオススメです。
一読下さい。

引越は一括見積で大幅にお得に!大手5社を比較しました。

まとめ

せっかく新生活のために引越しをするのですから、なるべく楽しく、かつストレスを軽減しながら引越しの準備をした方が良いでしょう。その意味でも引っ越しでチェックリストを活用することは不可欠といえます。

チェックリスト使わないで準備するよりも、使って準備した方が精神衛生上健全なんですね。

引っ越しの準備は長期戦だからね。なるべくストレスなくやれるのが理想的だよ。
引越し業者の比較は面倒。とにかく簡単に安く引越したいという人は一括比較業者を使うのがオススメです。
ご一読下さい。

引越は一括見積で大幅にお得に!大手5社を比較しました。

-引越しの知識

Copyright© カモにされない引越し選び , 2019 All Rights Reserved.